い・ろ・は・す」ブランドから初の
2L大型ペットボトル導入

3月23日より全国コンビニエンスストア限定

2015年3月12日


 コカ・コーラシステムは、おいしさと環境を大切に考えた水を愛する水ブランド「い・ろ・は・す」から、同ブランドでは初めてとなる2L大型ペットボトルを全国のコンビニエンスストア限定で3月23日(月)から導入します。容器にはつぶしやすさと注ぎやすさを両立した「ペコらくボトル」を採用。
20150312-001

 コンビニエンスストアにおけるミネラルウォーター大型ペットボトル製品市場は、2012年から2年間で約1.7倍に成長しています。売上金額ベースでみると、2014年は対前年比126%と、引き続き市場が大きく拡大していることがわかります1。そうした消費者ニーズの高まりを背景に、「い・ろ・は・す」は、3月23日に同ブランド初となる2Lサイズの大型ペットボトルを全国のコンビニエンスストア限定で導入します。お食事中や、お風呂上がり、寝る前、朝起きて、など様々なシーンでたっぷりとお楽しみいただける大型サイズです。
 「い・ろ・は・す」は2009年に全国で導入され、ミネラルウォーター小型容器No.1ブランド2として、厳選された日本の水源からの恵みを消費者の皆様に届けてまいりました。発売6年目となる今年は、水そのもののおいしさに主軸をおいた新しいコミュニケーションを展開しています。
 2月2日から開始した新キャンペーンのテーマは「LOVE WATER, LOVE い・ろ・は・す」です。
 「『い・ろ・は・す』は水を愛するブランド、おいしさも環境も大切にします。『い・ろ・は・す』の水は、厳選された日本の水源からの恵み、地元育ちの天然水なのでいつでもおいしく味わっていただけます。」このブランドコンセプトを表現した新しいTV-CMには阿部寛さんを継続起用し、全国で放映しています。
 また、新キャンペーンに併せてパッケージを刷新しました。新しいパッケージデザインは、「い・ろ・は・す」ブランドの象徴である葉でかたどった風車アイコンに加え、バックグランウンドに水滴をモチーフとしたドロップパターンをレイアウト。ラベルに半透明や透明を使用することで水面のような輝きとみずみずしさを表現しています。消費者の皆様に、楽しく、遊び心があり、クールで魅力的なイメージを印象づけることを目指します。
 2015年、ますます進化を続ける「い・ろ・は・す」に引き続きご期待ください。

水市場累計販売金額(1451-2000mlPET、コンビニエンスストア) 2012年1月~2014年12月 インテージMBI調べ
小型ペットボトル 販売金額シェアNo.1ウォーターブランド:販売容量シェア、サイズ650ml以下、チャネル:全手売りチャネル 2013年10月~2014年9月 インテージMBI調べ

<参考情報>
■「い・ろ・は・す」新TV-CM
「新2Lライジング」(2015年3月23日放映スタート)
TV-CM ストーリー(15秒)
新TV-CMは、澄みわたった湖面から突然、水の魂が出現するシーンから始まります。
水の輪は徐々に勢いを増し、いくつもの輪が空中に浮かび上がり、やがて迫力のあるボトルへと形成されていきます。「い・ろ・は・す」に新2Lボトルが登場したことを力強く伝えていきます。
たっぷりの愛を込めて、今回もおなじみの阿部寛さんによるナレーションでお届けします。
CM ストーリーボード
20150312-002

■「ペコらくボトル」について
 「ペコらくボトル」は大型ペットボトルに対する“空容器がかさばり邪魔になる”というお客様の不満を解消するために開発した製品で、「つぶしやすさ」と「注ぎやすさ」を両立させていることが特徴です。
 重量は29g、正角(正方形)柱型のデザインを採用することによって、対角線方向に軽く力を入れるだけで簡単につぶすことができます1。また、つぶしやすさに加えて、容器デザインに改良を重ねることで注ぎやすさを兼ね備えることに成功しました。対角線方向につぶした後、底を折り曲げたサイズは従来の2Lペットボトルに比べて、約半分になります2
各自治体の空容器の分別回収方法に従ってください。
弊社従来品の2Lペットボトルと、ペコらく2Lペットボトルを対角でつぶしたときの比較(日本コカ・コーラ調べ)
■新キャンペーン「LOVE WATER, LOVE い・ろ・は・す」メインビジュアル
20150312-003

■「い・ろ・は・す」製品概要
・製品名  「い・ろ・は・す
・品名  ナチュラルミネラルウォーター
・原材料  水(鉱水)
・カロリー  0kcal/100ml
・パッケージ/メーカー希望小売価格(消費税抜)
  2Lペットボトル/311円
・発売日  2015年3月23日(月)
・販売地域  全国のコンビニエンスストア
20150312-004