花巻工場の無菌充填ラインが始動

奥羽山脈の天然水から生まれた「い・ろ・は・す」、
1月下旬より青森、秋田、岩手エリアで販売開始

2016年1月19日


 みちのくコカ・コーラボトリング株式会社(代表取締役社長:谷村 広和、本社所在地:岩手県紫波郡)は、2016年1月19日(火)に花巻工場の無菌充填ラインを本格稼動し、奥羽山脈の天然水を使った「い・ろ・は・す」の出荷を開始しました。1月下旬より、青森県、秋田県、岩手県の自動販売機、スーパー、コンビニなどで販売予定です。

  「い・ろ・は・す」のコンセプトは“地元育ちの天然水”。コカ・コーラシステムでは、厳選された日本国内の水源からの恵みを、厳格な品質管理のもと、地元の皆様にお届けしています。このたびの花巻工場の始動により、東北エリア初となる「い・ろ・は・す」の水源が誕生しました。また今回の工場設備拡充にともない、新たに「い・ろ・は・す」などの清涼飲料の製造過程や、食の安心・安全への取り組み、地域の自然と水を守る取り組みなどを楽しみながら学べる新しい工場見学プログラムを、3月中旬より開始予定です。詳細は今後、以下ウェブサイトにてご案内します。

コカ・コーラの工場見学】
http://www.cocacola.co.jp/factory_/


 2016年、「い・ろ・は・す」は、”地元育ちの天然水”のコンセプトのもと、日本各地にある「い・ろ・は・す」の水源地の水を守る活動に売上げの一部を寄付します。この活動は、コカ・コーラシステムが一体となって推進している“ウォーターニュートラリティー(Water Neutrality)”(製品に使った量と同じ量の水を自然に還元すること)の取り組みに基づくものです。
 これらの取り組みを消費者の皆様にもより身近に感じていただくため、1月15日よりソーシャルメディア連動キャンペーン「い・ろ・は・すの森」も開始しています。「い・ろ・は・す」製品ラインナップ、およびキャンペーンについては、以下ブランドサイトをご参照ください。

い・ろ・は・す】 ブランドサイト
http://www.i-lohas.jp/


資料

画像1:い・ろ・は・す キービジュアル
20160119-001


画像2:みちのくコカ・コーラボトリング株式会社 花巻工場 エントランス
20160119-002