コカ・コーラシステム、新たな自動販売機サービスを発表

スマートフォンアプリでスタンプが貯まる
ロイヤリティプログラムを全国で開始

2016年2月1日

日本コカ・コーラ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ティム・ブレット)と全国7社のボトリング会社等で構成するコカ・コーラシステムは、今春、新たなサービスとして自動販売機のロイヤリティプログラムを全国で開始します。このプログラムは、スマートフォンアプリをダウンロードしたお客様が、アプリ対応のコカ・コーラ自動販売機で製品を購入すると、製品の種類やサイズに関わらず1本につき1スタンプが付与される仕組みです。本アプリをご利用のお客様は、15スタンプたまる毎にアプリ対応の自動販売機でお好きな製品1本と無料で交換頂くことができます。

本プログラム専用に開発されたスマートフォンアプリは、iOS、Androidに対応し、アプリ対応の自動販売機を、初年度14万台を目標に全国で導入を進めてまいります。設置場所は、スマートフォンアプリ内でご案内してまいります。

コカ・コーラシステムは、1962年にびんの自動販売機を日本の清涼飲料会社としては初めて市場に設置して以来、重要な販売チャネルとして展開を拡大し、現在では全国に約98万台が設置されています。コカ・コーラ社製品をお客様にお届けする「店舗」の役割を担う自動販売機は、これまでさまざまな社会的なニーズに対応して機械的性能、お客様サービスにおいて発展を重ねてまいりました。お客様へのサービスについては、キャッシュレス対応自動販売機、インタラクティブ自動販売機などの開発と導入によって利便性を向上するほか、自動販売機だけで体験できるプロモーション施策などを通じて、自動販売機ご利用のお客様の購入体験を楽しく演出するさまざまな仕掛けを展開してまいりました。最近では更なる付加価値サービスとして、カードを使用するロイヤリティプログラムを一部の自動販売機で展開した結果、このプログラムがお客様から好評であることを受けて、このたび、カードに加えて新たに専用のスマートフォンアプリを開発し、全国プログラムに拡大して展開を開始することとなりました。

コカ・コーラシステムはこれからも、お客様にいつでも、どこでも美味しく製品をお楽しみいただけるよう、また自動販売機ならではのサービスをご体験いただけるよう、自動販売機の付加価値の進化に取り組んでまいります。


【スマートフォンアプリ画像イメージ】
※サービス開始時にデザイン変更の可能性がございます。
news-20160201-01
news-20160201-02
自動販売機サービス スタンプイメージ1
(高解像度画像はこちら)

自動販売機サービス スタンプイメージ2
(高解像度画像はこちら)

自動販売機サービス チケットイメージ
(高解像度画像はこちら)


コカ・コーラシステムについて
コカ・コーラシステムは、ザ コカ・コーラ カンパニーの日本法人で、原液の供給と製品の企画開発をおこなう日本コカ・コーラ株式会社と、全国7社のボトリング会社および4社の関連会社などで構成されています。コカ・コーラシステムが国内で取り扱う製品は50以上の炭酸飲料および非炭酸飲料ブランドにおよび、世界で最も高い評価を得ているブランドである「コカ・コーラ」をはじめ、「コカ・コーラゼロ」「コカ・コーラ ライフ」「ファンタ」「スプライト」などのグローバル・ブランドだけでなく、「ジョージア」「アクエリアス」「い・ろ・は・す」「綾鷹」など、日本で開発されたブランドが含まれます。また、炭酸飲料、コーヒー飲料、スポーツ飲料の各カテゴリーにおいて、日本国内最大の販売量を誇ります。
サスティナビリティーの取り組みについては、「お客様(個人)」「地域社会」「環境」を取り組みの軸とするグローバルな方針に整合し、9つの重点分野における活動を全国で展開しています。