文=コカ・コーラ ジャーニー編集部


コカ・コーラ」はウルトラランナーの秘密兵器

カミール・ヘロンは、米国50州すべてのマラソン大会で優勝を目指すウルトラランナーです。「スーパーヒーローの仮装をしたマラソン走者」(ヘロンは「スパイダーウーマン」の扮装で走り、世界記録を樹立しました)としてギネスブック入りまでしている彼女は、すでに11の州で19回の優勝を果たしており、自身の目標に着々と近づいています。

そんな超人的な彼女のパフォーマンスには、ある秘密の飲み物が関係しています。

先日コカ・コーラ社が行った電話インタビューで、ヘロンは「トップアスリートには『コカ・コーラ』を飲んでいる人が多くいます」と明かしてくれました。

子どものころからバスケットボール選手として活躍し、その後全米最速記録を保持する100kmランナーとなった、まさにスポーツとともに人生を“走って”きたヘロンは、スポーツ活動の中で、短時間で爆発的なエネルギーを必要とするケースを何度も経験しています。そんな彼女にとって、何と「コカ・コーラ」は長年の相棒だというのです。
スクープ! 全米トップの100kmランナーは
レース中に「コカ・コーラ」を飲んでいた!!


世界選手権優勝の影には「コカ・コーラ

長年にわたってオリンピックのオフィシャルスポンサーを務めるなど、さまざまなかたちでスポーツを応援してきたコカ・コーラ社は、ランニングの世界には欠かせない存在です。1970年代には、ランナーの間でレース中に炭酸の抜けた「コカ・コーラ」や「コカ・コーラ」シロップを飲むことが流行しました。ヘロンはパンアメリカン競技大会で選手のサービスコーディネーターを務めたとき、「多くのアスリートが『コカ・コーラ』を飲んでいました」と証言します。

ヘロンが一緒にトレーニングしてきたアスリート仲間の多くも、「コカ・コーラ」を頼りにしているのだそうです。「世界的なランナーは『コカ・コーラ』が大好きですよ。多くの人は、トップアスリートが『コカ・コーラ』をパフォーマンス向上に役立てていることを理解していないようですけど……」と彼女は言います。

ヘロンは週に数本の「コカ・コーラ」を飲んでいますが、レース中に飲んだのはいまから2年前、ウルトラマラソンに初挑戦したときが初めてでした。給水所でボランティアスタッフが「コカ・コーラ」を配っているのを見て、試さずにはいられなかったのです。「『コカ・コーラ』を飲むと、たちまち元気になった気がしたんです!」と彼女は振り返ります。

今年ヘロンが100kmレースの記録を樹立した全米チャンピオンシップでも、給水所で「コカ・コーラ」が配られていました。レース前半、ヘロンはいつも通りスポーツドリンクやゼリードリンクを補給しました。そして後半50キロに入るとき、ドリンクを「コカ・コーラ」に切り替えました。「その効果は完璧でした。『コカ・コーラ』をもらえる次の給水所に着くのが待ちきれなかったほどです」と彼女は語ります。
スクープ! 全米トップの100kmランナーは
レース中に「コカ・コーラ」を飲んでいた!!

ヘロンは、大学と大学院で運動とスポーツサイエンスを研究したことのある人体のエキスパートです。2011年に開設した自身のブログCamilleHerron.comで、トップアスリートのトレーニング、食生活、ライフスタイルなどに関する科学的知識と経験に裏付けられた情報を発信しています。

2015年9月12日、ヘロンはオランダで開催された第28回International Association of Ultrarunners(IAU)100km世界選手権に出場し、見事女性部門で優勝しました。このレースでは仮装こそしませんでしたが、レース後半、いつもの秘密兵器が力を発揮したことは言うまでもありません。