文=スコット・ケルビー

知られざる絶景スポットへ行こう!

美しい大自然に囲まれていると、つくづく地球という星の素晴らしさを実感します。そして、地球環境を守ることがいかに大切かをあらためて思い起こすきっかけにもなります。
私が暮らしているアメリカには、一般的にあまり知られていない絶景スポットが無数に存在します。今回はその中から、私が気に入っているスポットを順不同でご紹介することにします。どこも人混みや売店や大混雑の駐車場とは無縁の、自然の圧倒的な美しさを感じられる場所ばかりです。

スポットその1:タホ湖(ネバダ州)


圧倒される美しさ! アメリカの絶景スポット7
7 Beautiful Places to Celebrate Planet Earth

ネバダ州にあるタホ湖は、車で1周するのに3時間くらいかかるほどの大きさです。周辺にはカジノやスキー場も点在していますが、そのような場所を通り過ぎれば、世界でもまれにみる壮麗な風景をいくつも目にすることができます。ちなみにこの写真は、湖岸のサンドハーバービーチで早朝に撮ったものです。ここを訪れるのなら、明け方と夕方を特におすすめしますが、もちろん、ほかのどの時間帯でも素晴らしい景色を見ることができます。周辺にも息をのむような景色が続いていますから、立ち止まった場所=すべてが絶景スポットといえるでしょう。
あと、湖の西岸にある入り江、エメラルド・ベイに立ち寄って写真を撮ることもお忘れなく。夜明けの景色は特に感動的です。

スポットその2:ラトゥーレル滝(オレゴン州ポートランド)


圧倒される美しさ! アメリカの絶景スポット7
7 Beautiful Places to Celebrate Planet Earth

ラトゥーレル滝を訪れれば、その美しさと静謐さにたちまち心を奪われることでしょう。観光客はオレゴン州最大のマルトノマ滝の方に押し寄せているから、この場所が混雑する心配はありません。私が前回行った時も、他の観光客は6人くらいしか見かけませんでした。滝の上側に車を停められる場所があり、そこから滝壺を覗きこむこともできるし、歩いて滝の下(写真を撮った場所)まで降りるのも簡単です。

スポットその3:プラシッド湖(ニューヨーク州)


圧倒される美しさ! アメリカの絶景スポット7
7 Beautiful Places to Celebrate Planet Earth

プラシッド湖は1980年の冬季オリンピックの会場となったことで有名ですが、ここの湖の本当の美しさと静寂さを知っている人は少ないのではないかと思います。プラシッド湖を訪れたなら、ぜひ日の出に立ち会ってほしいところです。太陽が昇るにつれて、付近の滝(ハイフォールズ・ゴージやオーセイブル・カズム)や多くの川が混然一体となった美しい景色が浮かび上がってくることでしょう。写真は夜明けの湖畔から撮ったものです。

スポットその4:サバンナ(ジョージア州)


圧倒される美しさ! アメリカの絶景スポット7
7 Beautiful Places to Celebrate Planet Earth

サバンナは長い歴史を持つ魅力あふれる街で、私が大好きな美しい水辺の散歩道を見つけるのにも事欠かないところです。街のすぐ外には、遺跡が多く残るウォームスロー ヒストリック サイト(写真)があり、苔むすオークの大木が立ち並ぶ未舗装の道での散歩を楽しむことができます。この道を通り抜けたところに遺跡が点在してはいますが、急ぐことなく途中の景色をじっくり味わうのがこの場所の散歩の醍醐味です。
もちろんサバンナ付近の美しい海岸も見逃せません。雄大な砂丘に古風な灯台がたたずむ風景を堪能しましょう。

スポットその5:ビッグサー、カーメル・モントレー付近(カリフォルニア州)

 
圧倒される美しさ! アメリカの絶景スポット7
7 Beautiful Places to Celebrate Planet Earth

ビッグサーの海岸線は、おそらく私が世界で一番好きな海沿いのドライブコースです。延々と続く美しい風景は、今生きていることの素晴らしさを実感させてくれます。お気に入りの場所を一つだけ選び出すのも難しいくらい素晴らしい場所です。
この驚くべき海岸を丸1日楽しむ場合のスタート地点は、カーメル・バイ・ザ・シーという素敵な海辺の村(正式には村ではありませんが、市とか町と呼ぶには適さないあまりにも愛らしい風情なのです)がおすすめです。出発したらすぐ、ポイント・ロボスという小さな州立公園に立ち寄りましょう。ここは自然保護区域で、アザラシやアシカをはじめとする多くの動物が生息していて、たくさんの見どころがあります。その後、サン・シメオン方面に向かってパシフィックコースト・ハイウェイを進めば、息をのむような海岸、滝、セコイアの巨木の森、奇岩や切り立った崖が次々と現れ、私たちの目を楽しませてくれるでしょう。

スポットその6:ロックシティ(テネシー州)


圧倒される美しさ! アメリカの絶景スポット7
7 Beautiful Places to Celebrate Planet Earth

私が育ったアメリカ南部では、主要なハイウェイの道路沿いに必ずといっていいほど「ロックシティを見るべし」というスローガンの書かれた小さいバードハウスが飾られていたものです。私は長年そのスローガンを目にしていたにも関わらず、実際にロックシティを訪れたのは最近になってからです。正直なところ、もっと早く訪れれば良かったと後悔しています。
大きな洞窟の中にあるドラマチックなルビー滝、高台のラヴァーズ・リープから望む雄大な景色(写真)、そして魅力的な庭園など、どこをとっても絵になる美しさです。ロックシティは人気の観光スポットではありますが、自然に直接触れられなくなるほど開発はされてはいません。ここは地球の神秘を目の当たりにできる穴場の一つだといえるでしょう。

スポットその7:アウター・バンクス(ノースカロライナ州)


圧倒される美しさ! アメリカの絶景スポット7
7 Beautiful Places to Celebrate Planet Earth

最後に紹介するのは、ノースカロライナの秘宝、アウター・バンクスです。美しい砂浜と青空が延々と続く中にきれいな灯台がたたずみ、新鮮な野外の空気を胸いっぱいに吸い込める場所がどこまでも広がっています。写真に写っているのは、カリタック・ヘリテージ・パークの中にあるホエールヘッド・クラブという射撃クラブの建物。その敷地は一般公開されていて、繊細で気品に満ちたアウター・バンクスの自然の魅力を味わうには絶好のロケーションとなっています。
近くのボディー島では、風に吹かれる美しいシーオーツ(浜辺に群生するイネ科の植物)に囲まれて立つ、白黒の縞模様の灯台も見逃せません。

圧倒される美しさ! アメリカの絶景スポット7
7 Beautiful Places to Celebrate Planet Earth

<筆者プロフィール>
スコット・ケルビーKelbyOne.comの社長で、『Photoshop User』誌の編集者兼発行人です。写真・画像加工技術を指南するオンラインのトークショー『The Grid』を主催するほか、世界中で写真、Photoshop、Lightroomのワークショップを開催しています。これまで50冊を超える本を執筆しており、日本でも『デジタルフォト達人への道』シリーズを始め、多くの邦訳が刊行されています。