ボタニカルなビューティーたち

 最後に、女性には欠かせないボタニカルビューティーをご紹介します。
 化粧品を選ぶときに大切なのは、高級化粧品などのブランド名に頼ることではなくて、自分の肌に合ったもので、しかも、生活の中にどのように摂り入れられるかが想像できるものなんだと思います。

 私は、「まだ眠いのに……」なんて気持ちのまま起き上がるとともに、コーヒーメーカーのスイッチを入れて、窓を全開にして太陽の光を全身で浴びて、顔を水で洗ってから化粧水を肌にふきかける朝時間が大好きです。

 そんな朝時間に使うものだから、私の化粧水は、ラベンダーウォーター。
 ラベンダー畑に行ったばかりだったからなのか、なんだか自分もあの美しい花畑の中の一部になれたような気がして、朝からリラックスタイムを満喫できました。
「高いから良いものに違いない」とか、「流行っているから買ってみよう」とか、そんな受け身の消費ではなく、自分の体との相性を知って、香りを感じて、製品の背景を知って、ちゃんと自分で選んでみること。

Botanical Life in Hokkaido
村上萌のボタニカルな生活

Botanical Life in Hokkaido
村上萌のボタニカルな生活
『LAUREL』はお肌にいい自然素材を最大限活かしたシンプルコスメシリーズは北海道生まれのブランドです。
『ファーム富田』で買ったモイスチュアウォーターと仲良く撮影(写真下)

 植物は、向こうから主張してくることはないので、能動的に行動することがそのパワーを摂り入れる秘訣です。自然素材を活かした化粧品を、1日24時間の中のどの時間にどのように摂り入れるのか。自分で化粧品を使うシーンをつくってみてはいかがでしょう? そうすれば、毎日のビューティーの時間は、すっかりボタニカル。きっと本来の自分の肌を、そして気持ちを、美しくしてくれるはずです。


 今日からできるボタニカルライフ、いかがでしたでしょうか。
身近にある植物だからこそ、ちょっと意識しなおして、是非生活に摂り入れて楽しんでみてくださいね。

 きっといまよりも少し、豊かな毎日になるはずですよ。

Botanical Life in Hokkaido
村上萌のボタニカルな生活

[著者プロフィール]
村上萌/ライフスタイルプロデューサー
“次の週末に取り入れたい”をコンセプトに、今より少し先の理想のライフスタイルを提案。
企業やブランドの商品開発や空間、地方活性イベントなど、幅広い分野でプロデュース活動を行っている。
オリジナルウェブマガジンNEXT WEEKEND主宰。
マガジンハウスより著書「カスタマイズ・エブリデイ」が発売中。


[施設情報]
1 手づくりパンカフェ picnic/手づくりの焼きたてパンを使ったハンバーガーや サンドイッチを食べられるお店。 美瑛駅から白金温泉に向かって約10キロ。 グリーンの建物が目標です。北海道上川郡美瑛町字美沢共生 Tel.0166-92-5919

2 ファームレストラン あぜ道より道/農家の母さんたちが育てた新鮮野菜を素材にした、料理の数々を楽しめるお店。北海道上富良野町東6線北16号。Tel. 0167-45-3060 http://yasaimura.co.jp/aze.html

3 ファーム富田/ラベンダーをはじめ、多種多様な花で一杯の広大な畑です。7月、8月が見頃。北海道空知郡中富良野町基線北15号 Tel.0167-39-3939 http://www.farm-tomita.co.jp

4 カンパーナ六花亭/ガラス張りの店内、大窓から十勝岳が一望できる。雄大な景色を眺めながらのお買い物は格別。北海道富良野市清水山 Tel.0167-39-0006 http://www.rokkatei.co.jp/facilities/campana/index.html