今年5月、「リアルゴールド」が11年ぶりにフルリニューアル。
新しいTVCMには女優として大活躍中の広瀬アリスさんが出演しています。
TVCMの中ではチアガールの衣装に身を包み、働く人を応援していますが、
広瀬さん自身も、芸能界でのお仕事を10年続けているワーキングウーマン。
女優という仕事に対する思いから、プライベートに関するお話まで、
いろいろと伺いました。

文=森綾
写真=岡田潤

 

■『銀の匙』で、仕事に対する意識が変わった

──女優としてはもちろん、モデルとしても活躍されていましたが、元々はどういうきっかけで芸能界にデビューされたのですか。

アリス 静岡県の出身なのですが、地元のお祭りでモデル事務所にスカウトされたんです。小学6年生だったから、12歳のときでした。当時はバスケットボール部に所属していて、毎日バスケのことばかり考えていました。バスケの選手になりたいと思っていたほどだったんです。

──女優になりたい、と本気で思ったのはいつ頃ですか。

アリス 20歳くらいのとき。実は、わりと最近なんです。いろんな仕事をさせていただける機会が増えて、自分も20歳という節目を迎え、「これしかできないな」と、はっきりと思うようになりました。自分の中で、演じることへの取り組み方や意識が変わったというか。

──役者しかできない、と思ったわけですね。特に大きなターニングポイントになった作品はなんですか。

アリス 2014年に公開された映画『銀の匙 Silver Spoon』です。少年誌に連載されている荒川弘さんの学園漫画が原作の、夢も希望もなく北海道の農業高校に入学した八軒勇吾が主人公のヒューマンドラマです。私はヒロインの御影アキを演じました。私は原作のファンだったので、役をいただいたときは本当に嬉しかったのですが、その分プレッシャーも大きかったです。

酪農に関わる人たちの物語なので、撮影が始まる1ヵ月前から実際に酪農生活を体験することから始めました。乗馬や乳搾りなど、いろんなことを体で覚えていきました。ロケ地である北海道に2ヵ月半滞在していたので、役に集中することができましたし、自分自身と深く向き合うこともできました。この映画を通じて、改めて「芝居とは何か」をゼロから教えてもらったような気がします。吉田恵輔)監督からは特に言葉でアドバイスをもらったというわけではないのですが、役を“演じる”のではなく、役を“生きる”時間をもらいました。それが今、私の財産になっている気がします。そういう経験を今後につなげていきたいと思います。

 

──『銀の匙 Silver Spoon』の現場のように一つの仕事に集中できるのは珍しいことで、普段はたくさんの役を同時に演じ分けることが多いのでしょう?

アリス そうですね。普段は複数のお仕事を同時に抱えるというようなこともあります。でもそういうときは、「素の自分」というものにあまりこだわらないようにしています。五つ現場があれば、五つの違う自分がいてもいい。その現場に素直に染まるのが一番。そのほうが精神的に健康な気がします。人はそれぞれいろんな考え方があると思いますが、私はそういうふうにいたいです。

 

■目標は「ずっと続ける」こと

──次々と映画やドラマ、舞台へと出演されていて、本当にお忙しい日々をお過ごしのことと思いますが、ご自身の体調をどのようにキープされていますか。

アリス よーく寝るとだいたい、元気になれます(笑)。健康な体をもらって親に感謝です。

──定期的にしている運動などはありますか。

アリス 6年ほどヨガを続けています。呼吸を整えると、自然と心が落ち着くということを学びました。深い呼吸ができるようになると、集中力も高まりますし、元気も出てきます。

──心と体が健康であるために、呼吸は大事ですよね。食べるものには気をつかっていますか。

アリス 野菜はたくさん摂るようにしています。おいしいサラダを探していろんなお店に行くのが、今とても楽しみにしていることの一つです。

──自分でお料理をつくったりはしますか。

アリス 今は母と住んでいるので、甘えてしまっています。やってみたいと思ってはいるのですが。

──お忙しいですからね。この春からはドラマ『釣りバカ日誌』でヒロインを演じられたり、また主演映画の公開も2本控えているとか。女優として、やり遂げたい大きな目標はありますか。

アリス 「あの役を演じてみたい!」というような具体的な目標は、実はもっていないんです。だけど、大好きな仕事なので、女優を続けられたら嬉しいです。「ずっと続ける」ということが、私にとって「やり遂げる」ということなのかもしれません。20年後も30年後も、女優として演じていたいですね。

──20年後、30年後のアリスさんがどんな女優さんになっているかもとても楽しみですが、近い未来に、チャレンジしたい役はありますか。

アリス 今までは、青春ドラマのヒロインのような、等身大の役を多く演じさせていただきました。でもこれからは、「等身大」ではない役をやってみたいなと思ったりします。ミステリアスなキャラクターや悪女のような。

──大人の女性へのイメージチェンジですね。個人的に、「こんな大人になりたい」という理想像があれば教えてください。

アリス うーん。私は、年齢を重ねてもあまり変わりたくないなというのが本心です。いつまでも元気に、けらけらと笑っていたいです。

 

──「リアルゴールド」は、長年、働く人々を応援し、働く人々に元気を届けてきました。最後に、働く読者のみなさまにメッセージをお願いします。

アリス TVCMではかわいいチアガールの衣装を着て、働く人々を応援する人の役を演じさせていただきました。私も「リアルゴールド」と一緒に、仕事で日頃がんばっているみなさんを応援していきたいと思います。日々、いろいろ大変なことがあるかと思いますが、「リアルゴールド」を飲んでお仕事がんばってください! 炭酸もアップして心も体もリフレッシュできますので、女性の方にもぜひ飲んでいただきたいです。

 

ひろせ・ありす / 1994年、静岡県生まれ。2009年に雑誌『セブンティーン』の専属モデルオーディション「ミス・セブンティーン」でグランプリを受賞。モデル活動を続けながら、女優としても数々の映画やドラマに出演。15年に『セブンティーン』の専属モデル卒業を発表。現在は、テレビドラマ『釣りバカ日誌 Season2 新入社員 浜崎伝助』(テレビ東京系)に出演中。17年は主演映画『巫女っちゃけん。』、『氷菓』が公開予定。

>> 「リアルゴールド」ブランドサイトはこちら