また、コカ・コーラ札幌工場はPETボトルも成形していて、パイプを辿る途中で、そこも見せてもらうことができました。

Coca-Cola Journey Special“Coke”
戌井昭人の
「コカ・コーラ製造工場見聞録」

PETボトルの“卵”たち>


 袋に入っている大量の小さなプラスチックは、飲み口のところだけ、PETボトルの形で、それが鋳型にはめられ、熱とエアーによって膨らみ、商品のPETボトルの形になります。 

 さらに稲場さんは、近くにある頑丈そうな扉をあけ、「これは珍しいです」と中を見せてくれました。そこには、この工場で生産されている、すべてのPETボトルの鋳型がおさめられていました。

Coca-Cola Journey Special“Coke”
戌井昭人の
「コカ・コーラ製造工場見聞録」

<コカ・コーラのPETボトルの鋳型です!>


 さまざまな鋳型が棚に分けられ、きれいに並んでいる光景は、最新オートメイションの工場の中、そこだけ町工場のようで、ホッとするような感じがしました。

 

≪前のページ 「1」 「2」 「3」 「4」 「5」 次のページ≫