コカ・コーラ」ボトル100周年を企画して、日本コカ・コーラ三越伊勢丹と協働で、
日本国内で活躍するさまざまなアーティストやクリエーターに、
今年日本で初めて導入される「コカ・コーラ」スリムボトルをモチーフにした
チャリティ作品“アートスリムボトル”を制作していただきました。
そして現在、アートスリムボトルの全作品が
伊勢丹新宿店本館1F「ザ・ステージ」で展示中です(8月17日まで)。
このたび『Coca-Cola Journey』では、
同チャリティで展示中の作品をご紹介!
今回は、前回ご案内したWebサイトの中の“小さな小さな美術館”の隣に
建てられた“別館”に、みなさまをご招待します。


文=『コカ・コーラ ジャーニー』編集部


*1915年に“暗闇で触っても地面で砕け散っていても「コカ・コーラ」のボトルだと分かるもの”をコンセプトに開発されたガラス製の「コカ・コーラ」ボトル。「コカ・コーラ」ボトル生誕100周年の今年、特徴的な曲線を描いた輪郭を引き継ぎ、アルミニウム素材を使ってさらに進化させたボトルが開発された。そのボトルのこと。


■ “別館”作品No.1 ゲスな「コカ・コーラ」ボトル

・作者:ゲスの極み乙女。

ゲスの極み乙女。、西山茉希さん、VERBALさんのアート作品が集まる架空の美術館をつくりました!
『Coca-Cola Journey』Webの上の美術館 “別館”



・作品コンセプト:コンセプトは「ゲスの極み乙女。と『コカ・コーラの融合』です。「コカ・コーラ」ボトル100周年をお祝いするプレミア感のあるゴールド、「コカ・コーラ」の赤と白、そして私たちゲスの極み乙女。っぽさもある黒とピンクも使ってポップさを出しました。さらにリボンを使い、華やかさを出しています。ボトルの上部には私たちの合言葉「コポゥ」も書かせていただきました。

・プロジェクトに賛同された理由:東北の子どもたちとアートを通してつながることができるこのプロジェクトで、微力ながらも力になれればと思いました。

・「コカ・コーラ」にまつわるエピソード:私は22歳になるまで「コカ・コーラ」を飲んだことがありませんでした。夏の暑い日、初めて「コカ・コーラ」を飲んだわけですが、その瞬間、今まで飲まなかったことを後悔しました。それくらい、その時の「コカ・コーラ」の味は記憶に残っています。

・アーティスト活動のモットー:まずは自分たちがかっこいいと思ったことをやることです。それが楽しさにつながって周りの人たちに楽しんでもらえるようになると思います。

・作者プロフィール:2012年5月にindigo la Endのボーカルでもある川谷絵音(Vo/Gt)を中心に、休日課長(Ba)、ちゃんMARI(Key)、ほな・いこか(Dr)の4人で結成。高い演奏技術を駆使した何が起こるか分からない曲展開に全てを飲み込んでしまう声。プログレ、ヒップホップを基調とし、独自のポップメロディを奏でる4人組バンド。


■ “別館”作品No.2 ☆POP☆

・作者:西山茉希

ゲスの極み乙女。、西山茉希さん、VERBALさんのアート作品が集まる架空の美術館をつくりました!
『Coca-Cola Journey』Webの上の美術館 “別館”



・作品コンセプト:「コカ・コーラ」の炭酸が弾けるイメージとsmileを組み合わせてみました。泡が弾けるように笑顔があふれることを願って。白のラインは幸せをつなぐ虹をイメージしました。

・プロジェクトに賛同された理由:自分の好きなデザインがチャリティになるなんて素晴らしいと思ったから。

・アーティスト活動のモットー:「なるようになる」。慣用句の「成るようになる」ではなく、“自分でなるようにしていく”ことが大切なんじゃないかという意味です。たとえ目標への道のりが同じでも、得られるものは人によって違うはず。色々なことを感じながら、何ごとにも取り組んでいきたいです。

・作者プロフィール:モデル / タレント。


■ “別館”作品No.3 DREAM YOUR FUTURE

・作者:VERBALm-flo / TERIYAKI BOYZ® / PKCZ®

ゲスの極み乙女。、西山茉希さん、VERBALさんのアート作品が集まる架空の美術館をつくりました!
『Coca-Cola Journey』Webの上の美術館 “別館”



・作品コンセプト:世界がキャンバスだとしたら、ボトルの鏡面に映し出された「姿」が未来の自分自身のポートレート。夢は必ず実現したい、未来では自分の夢が叶っている。「夢=未来」だと信じてもらいたい。そんな願いを込めた作品です。

・プロジェクトに賛同された理由:つねにポップカルチャーを牽引してきたアイコン的なブランド、「コカ・コーラ」とのチャリティプロジェクトなので、クリエイティブ、かつメッセージ性の強い作品がつくれると思いました。

・アーティスト活動のモットー:つねに初心を忘れないこと! チャンスは貯金できない。

・プロフィール:プロデューサー / MC / DJ / デザイナー。m-floTERIYAKI BOYZ®での活動のほか、新たにスタートしたクリエイティブユニットPKCZ®のメンバーとしても知られ、Pharrell WilliamsKanye WestAfrojackなど、海外アーティストとも交流が深い。2008年にAMBUSH®をスタートし、最近ではsacaiUndercoverとのコラボレーションが記憶に新しい。


*  コカ・コーラ」ボトル100周年企画 コカ・コーラ三越伊勢丹“アートスリムボトルチャリティ”チャリティ参加方法詳細。
http://www.miguide.jp/asbc2015/
(2015年8月12日(水)午前10時~9月1日(火)午前0時の間のみオープン)