3.デートでは、相手と同じ飲み物を口にすべし


Q.“恋に効く”飲み物はあるのでしょうか?
コカ・コーラ! ……といいたいところですが(笑)、どちらかというと、コカ・コーラは恋をして熱くなった心とカラダをクールダウンさせるのに最適です。ただ、これは夏の恋にはけっこう重要な効果です。
先ほど、夏場は恋に陥りやすいが、冷静な判断力を欠いてしまうことが多いという話をしました。そこで勢いに身を任せるのもいいですが、いったん立ち止まって、頭を冷やして考えてみたほうが長期的には実りの多い恋愛ができるでしょう(笑)。だから、よく冷えた飲み物で体温を下げ、興奮状態を鎮めた状態で相手と接してみることも夏の恋には重要なんです。しかも、炭酸飲料なら、シュワっとして気持ちをリフレッシュする効果も期待できますよね。

Q.「好きな飲み物が一緒」は良い判断項目になる?
味覚の相性も重要です。直接的に判断する手段は「キス」ですが、間接的に探るには食べ物や飲み物の好みを知ることが有効です。女性のモテ術に「料理で男性の胃袋をつかむ」というものがありますが、これは正しいのです。男性ならば、「ここで決めたい」と思うタイミングでは女性と同じ飲み物を口にしましょう。恋愛感情を高めていくためには、五感の好みを合致させていくことが大切なので、「味覚の相性がピッタリ」と思わせるのは“最後のひと押し”にもなるのです。

Q.ところで結局、「気温が高いと恋をしやすい」といえるのでしょうか?
ここまでお話してきたように、恋をしたときの科学的なカラダの状態とは、「興奮状態になって、体温が上がる」ということです。夏場は気温が高いので、必然的に体温も上がりやすくなります。だから、ちょっとしたドキドキでも、すごい興奮状態のように錯覚してしまいやすい。そういう意味で、「気温の高さ」と「恋のしやすさ」には相関関係があるのです。しかし、それが“本当の恋”なのか判断しづらいところが、夏の恋の厄介なところなんですけどね(笑)。

[編集部から]
どうやら、「気温が高くなると恋をしやすくなる」という説は、けっこう正しいようです。恋をしたときの“カーッっと”熱くなる感覚、みなさんもおわかりですよね? 熱くなりすぎないように、恋愛で火照った身体は冷たい飲み物で適度にクールダウンを……。

Interrelations between Temperature and Romance
温度と恋愛の相関関係を科学する

<プロフィール>
もりかわ・とものり
1955年生まれ。早稲田大学国際教養学部教授。政治学博士。専門は日本政治、恋愛学、進化政治学。「恋愛学」に関する著書としては、『一目惚れの科学』『結婚は四人目以降で決めよ』『結婚しないの? できないの?』『早稲田の恋愛学入門』などがある。