食卓での時間は、大切な時間。
大切な時間だから、大切な人と、
大好きな飲み物と大好きな食べ物を愉しみたい。
ライフスタイルプロデューサー村上萌さんのこだわりの食卓と
コカ・コーラ社製品の幸せな関係を写真とエッセイで伝えます。

文・写真=村上萌


こんにちは。

わかってはいたことだけど、今年の夏も終わりですね……。

短い季節だからなのか、
楽しかった夏休みを終えようとする小学生のような感覚だからなのか、
はたまた私の誕生月だからなのか、
どうしてか、センチメンタルになってしまう9月のはじまり。

去年の日記(ブログだけど)を開いて、
1年前の今頃は何を考えて前へ進んでいたのかなぁ、なんて読み返してみたり、
8月気分を引きずったまま、
ビーサンを玄関に置きっぱなしたり。

まだ、秋準備に入りたいのに、いまいち入りきれない自分がいました。
そんな時は“秋の楽しみ”を自分で見つけてみることが一番。
たとえば、「今年はどんな秋にしよう?」と計画をたててみる。

晴れた土曜日にピクニックがしたい、
夕方から素敵な音楽をかけて本を読みたい、
ブーツを履いて秋の味覚狩りに出かけたい……
なんだなんだ! やりたいことは、いっぱいあるじゃないか!

なんていう時間を過ごしていると、ほんとうにピクニックに行きたくなっちゃった。

そこで取りかかったのは、明日の朝にでもできるおうちピクニック。
キラキラとした暑い夏をちょっと感じさせるよう、 スプライトとお気に入りの本をバスケットに入れて、
好きな方を選べるようにと二種類のサンドウィッチを用意。

どうせ口の中に入れてしまえば一緒なんだけど、
ひと手間かけたサンドウィッチをぱくっと頬張る瞬間は、
具材を重ねた分の幸せがある気がします(おおげさじゃなくて、ほんとうの話)。

だから、ちょっといい生ハムとか、とろんとしたスクランブルエッグとか、
欲張りなくらい大好きなものを詰め込んで、テーブルの上から秋準備。

持って行く先は、テラスでも、近くの公園でも。

「こっちはハムと玉子で、こっちはソーセージだよ」なんて言ってる間に、
ゆったりとした秋の陽射しも悪くないな、と思えるはず。

みなさん、素敵な秋のはじまりを!


【レシピ】

贅沢サンドウィッチ(2人分)

○材料

・厚めの食パン4枚

・玉子3個

・バター適量

・粒マスタード適量

・塩こしょう少々

・豆乳大さじ1(生クリームを入れるともっとまろやかになるけど、私は豆乳派)

・ブラックペッパー適量

・その他、ベビーリーフ、生ハム、ソーセージなど好きな具材

○つくり方

1. 厚めの食パンを4枚トーストして、バター、粒マスタードを塗る(今回はデニッシュを使用したのでバターはなし)。

2. ボウルで玉子と塩こしょう、豆乳を混ぜる。

3. お鍋(フライパンでも可。鍋のほうが少し火が柔らかく入るので、ふわふわの玉子になる)にバターを入れ弱火にかけて、まわりが焦げないようにしながらヘラで大きく混ぜながら火を通す。

4. 少し固まってきたら火を止める。余熱でも結構焼けるので、気持ち早めに火からあげるのがオススメ。これで、「とろんとしたスクランブルエッグ」の完成。

5. スクランブルエッグをトーストにのせる。

6. ベビーリーフ、生ハム、ソーセージなど好きな具材をトーストの上にのせる。
 *トマトなど水分が出るものは、気をつけないとパンがふにゃっとなります。

7. 具材の上に大粒のブラックペッパーをかけて、サンドして、できあがり!