■新常識3.キャンプ=「山」の概念を覆せ!
Happy Outdoor!!
アウトドアをハッピーに楽しむための「新常識10」
千葉県の根本キャンプ場でのビーチキャンプ。
キャンプをベースにしながら2日間のサーフィンライフ。
波がないときはシュノーケリングやスキムボードも

「キャンプといえば、山に行く。と、思い込んでいませんか? キャンプは、海の近くでも楽しめるんですよ。砂浜でもしっかりとテントを建てられる専用の道具もありますし、すぐ砂浜に降りられるような海辺のキャンプ場もあります。手に小さなサーフィンの“ボード”のようなものをつけて波に乗る『ハンドプレーン』や、海風がぐいぐいと引っ張ってくれる『スポーツカイト』など、海ならではのアクティビティも楽しめます。1日中波の音を聞きながら楽しむビーチキャンプは、山とはまた違った趣で、思い出に残ること間違いなしです」

■4.無理は禁物!良いとこどりの軽登山
「しっかりとした装備で頑張って頂上を目指すがっつり登山は、準備も必要だし、なかなか辛いもの。でも、もっと気軽に登山を楽しんでもいいんじゃないでしょうか。たとえば、山の中腹まではロープウェイを使って、最後の頂上までの登山を楽しむのもアリ。あとは、西郷山公園(東京都渋谷区)のような大きめの公園に、あえて水筒持参で登山靴みたいなコスプレ感覚で楽しむのも非日常感を味わえて良いと思います」

■5.自転車の相棒と一緒に、ちょっと遠くへ行ってみよう
「アウトドアの心強い相棒となってくれる自転車と『輪行』(自転車を分解して専用の袋に入れて、電車やバスで移動すること)にチャレンジすると行動範囲が格段に広がります。いまは女性も持ち運べるように軽量化されている自転車もあるので、自分に合ったものを探してみてください。僕も、自転車仲間と輪行して鎌倉に行って、海辺をサイクリングして楽しんでいます。アウトドアってそんなにハードルが高いものじゃないんです」