史上初の自国開催となるラグビーワールドカップ2019の開幕まで、残り1年を切りました。
徐々に高まる国内のラグビー熱! そのような中、日本コカ・コーラは、ラグビーファンの熱い気持ちに後押しされるかたちで、プロラグビーチーム「コカ・コーラ レッドスパークス」の選手を招いた社員向けのスペシャルイベントを開催しました。
「ジャパンラグビートップリーグ」の出場のために本拠地・福岡から上京していた選手を、社員総出で激励。最後には迫力ある「リフトアップ」のデモンストレーションもあり、会場は大いに盛り上がりました。

文=『Coca-Cola Journey』編集部

 

コカ・コーラ レッドスパークスが日本コカ・コーラを初訪問

今から3年前。ラグビーワールドカップ2015の1次リーグB組で、ワールドカップ史上最も勝率の低かった日本が最も勝率の高かった南アフリカに逆転勝利。この“世紀の大番狂わせ”といわれた一戦は、日本のスポーツファンのハートをわしづかみにし、日本中にラグビー旋風を巻き起こしました。そして来年2019年は、そうです、ラグビーワールドカップイヤー。しかも開催国は日本! ということで、盛り上がらないわけがありません。開幕日(2019年9月20日)が近づくにつれ、ラグビーへの注目度は日に日に高まっているわけです。

そのような中、先々月の9月21日、コカ・コーラ レッドスパークスの選手一同が日本コカ・コーラ本社を訪問しました。翌22日に東芝ブレイブルーパスとの一戦を控えていた選手たちを、社員一同が激励することになっていたからでした。

定刻になると、本社ビル2階のカフェテリア(社員食堂)に100人ほどの社員が集まってきました。用意されたスクリーンにコカ・コーラ レッドスパークスの迫力あるプロモーション動画が流れ、社員たちのテンションが一気に高まったところで、選手たちが登場。ずらりと整列すると、自然と拍手が湧き起こりました。

はじめに、主将を務めるラファエレ ティモシー選手がチームを代表して社員に向かって挨拶。15人制ラグビーの日本代表メンバーと、国際大会「スーパーラグビー」の日本チーム・サンウルブズのメンバーも兼任するなど、大舞台の経験豊富なあのラファエレ選手でも、いつもと勝手が違うこの状況に少し緊張している様子でしたが、最後には、流暢な日本語で応援を呼び掛けていました。

「みなさん、こんにちは。本日はお忙しい中、私たちチームのために激励会を開いていただきありがとうございます。明日、秩父宮ラグビー場で、東芝ブレイブルーパスとの試合があります。みなさんの声は力になります。ぜひ応援よろしくお願いします!」(ラファエレ選手

同じく15人制ラグビー日本代表とサンウルブズに所属するウィリアム・トゥポウ選手も注目株の一人。ラファエレ選手に続き、チームに対する思いを語りました。

「こんにちは。私はラグビー選手になることが小さい頃からの夢でした。しかし、チームでやっていくということはかなり大変なことです。とにかくベストを尽くして、練習も目一杯やって結果を出したい。そう思いながら努力を重ね、練習に励んでいます」(トゥポウ選手

[イベントレポート]あのラファエレ ティモシー選手も来社! コカ・コーラ レッドスパークスが日本コカ・コーラで“決意表明”

MCから「男前!」と声を掛けられていた、“三足のわらじ”を履くラファエレ ティモシー選手

[イベントレポート]あのラファエレ ティモシー選手も来社! コカ・コーラ レッドスパークスが日本コカ・コーラで“決意表明”

2016年にコカ・コーラ レッドスパークスに加入した、ニュージーランド出身のウィリアム・トゥポウ選手

 

■オリンピック種目の7人制ラグビーにも要注目

続いて挨拶をしたのは、7人制ラグビー日本代表にも選ばれている副島亀里ララボウラティアナラ選手桑水流裕策選手吉澤太一選手。3選手は、7人制ラグビーの楽しみ方について話しました。

「オリンピックの種目でもある7人制ラグビーは、15人制ラグビーとどんな違いがあるのでしょうか?」(MC)

「15人制は選手が15人いる、7人制は7人(笑)。7人制ラグビーは(人数が少なくてもフィールドの大きさは同じなので、倍以上の運動量が必要とされるから)むちゃくちゃキツいです(笑)。まだ先のことだけど、自分は7人制ラグビーで2年後の東京2020オリンピックに出たいです」(副島選手

[イベントレポート]あのラファエレ ティモシー選手も来社! コカ・コーラ レッドスパークスが日本コカ・コーラで“決意表明”

茶目っ気たっぷりの回答で爆笑を生んだ副島亀里ララボウラティアナラ選手は、チームのムードメーカー

「リオデジャネイロ2016オリンピックの日本代表チームではキャプテンを務めた桑水流選手副島選手にもお聞きしましたが、7人制ラグビーの魅力を教えてください」(MC)

「7人制は15人制と同じ広さのグラウンドで試合をするので、とても広く感じます。走る距離も長くて、一人ひとりがスピーディに動かなくてはいけない。すぐトライが決まったりして展開が速いので、見ていてとても楽しいと思います。ラグビーというとコンタクト(*タックルやスクラムなど、体をぶつけ合ったり組み合ったりするプレー)の印象が強いと思いますが、7人制ラグビーは一人当たりのプレーのスペースが広い分、コンタクトが少ない。だから、体の小さい日本人でも、世界の上位に立てる可能性を持った競技だと思います」(桑水流選手

[イベントレポート]あのラファエレ ティモシー選手も来社! コカ・コーラ レッドスパークスが日本コカ・コーラで“決意表明”

写真中央が桑水流裕策選手。以前『Coca-Cola Journey』で密着取材をした際には、
コカ・コーラウエスト(当時)の同僚から「真面目で実直」と評されていた

桑水流選手が、7人制ラグビーは体の小さいに日本人にもチャンスがあるとおっしゃいました。他の日本人選手と比べても小柄であるもう一人の7人制ラグビーの代表候補、吉澤選手からも一言コメントをお願いします」(MC)

「こんな体が小さい僕でも、7人制ラグビーだと活躍できます。東京2020オリンピックに出られるように頑張ります」(吉澤選手

[イベントレポート]あのラファエレ ティモシー選手も来社! コカ・コーラ レッドスパークスが日本コカ・コーラで“決意表明”

吉澤太一選手のポジションであるフルバックは、
正確なキック力と走力、戦術眼など選手としての総合力が求められる

同じラグビーでも、15人制と7人制とはまったく別の競技と考えてよいでしょう。戦術の立て方も、チームの動かし方や選手の体の使い方も異なってきます。吉澤選手は175センチと日本人の平均身長よりは高いですが、ラグビー選手の中では小柄。しかし、広いフィールドを少人数でカバーする7人制ラグビーは、体格よりもスピードやハンドリングスキルが重要になってくるため、小柄な選手でも活躍が期待できるというわけです。

 

■“ヘビー級”のCFOをリフトアップできるか!?

しばらくして、日本コカ・コーラのCFO(最高財務責任者)のマルコ・アントニオ・アラウージョが登場してきました。日本コカ・コーラ随一の体格を誇るアラウージョは、身長185センチを超える選手たちと並んでも引けを取りません。そんなアラウージョが社を代表して、ラグビーではお馴染みのセットプレー「リフトアップ」を体験することになりました。

選手たちによるデモンストレーションを不安げな表情で見つめていたアラウージョでしたが、本番でもしっかりと、その大きな身体を支えられて無事、成功。ただし着地では少しバランスを崩し、おおげさに驚いてみせたアラウージョの姿に会場は笑い声に包まれたのでした。

[イベントレポート]あのラファエレ ティモシー選手も来社! コカ・コーラ レッドスパークスが日本コカ・コーラで“決意表明”

日本コカ・コーラ社員の中では頭一つ飛び抜けて大きいアラウージョも、この中では普通に見える。
選手二人で軽々とリフトアップ

コカ・コーラ レッドスパークスのみなさん、日本コカ・コーラへようこそ。こうして、みなさんをお迎えできることを大変嬉しく思います。以前、私は福岡でレッドスパークスのトレーニングに参加させていただいたことがあります。ちょっと興奮しすぎたのか、実はその時、首に全治8ヵ月の怪我を負ってしまいました(笑)。でも、今日はうまくいってよかったです。

私はブラジル人ですから、母国でやってきたのはサッカーばかりで、ラグビーはほとんど経験がありません。ルールも知らないくらいでしたが、最近は勉強しているのでだいぶ詳しくなりました。来年はラグビーワールドカップが日本で開催されるということで、チケットを買おうとしたのですが、なかなか手に入らない。みなさん明日は頑張ってください。いい試合になりますように!」(アラウージョ

[イベントレポート]あのラファエレ ティモシー選手も来社! コカ・コーラ レッドスパークスが日本コカ・コーラで“決意表明”

コカ・コーラ レッドスパークス一同

この後、コカ・コーラ レッドスパークスの選手と社員一同で記念撮影。最後は選手たちのサイン入りTシャツが当たる抽選会が行われ、スペシャルイベントは幕を閉じました。

翌日に行われた東芝ブレイブルーパスとの試合は、惜しくも敗れてしまいましたが、2週間後の11月24日は、カップ戦で東芝ブレイブルーパスと再び対戦予定。雪辱を晴らすチャンス到来!とばかりに期待感は高まるばかりです。もちろん、クラブチームだけではありません。ラグビーワールドカップ2019、東京2020オリンピックの日本代表チームの活躍も、要注目ですよ。