■ハッピーポイント8
「1世紀ぶりにゴルフが行われるゾ」

リオデジャネイロオリンピックを100倍楽しむための
ハッピーポイント「10」!

今回、既存種目として追加となった正式競技はゴルフです。1904年のセントルイスオリンピック以来、なんと112年ぶり、1世紀のときをまたいでの復活となりました。

復活が決まったのは2009年ですが、もちろんそれ以前から現・国際ゴルフ連盟や各国のゴルフの協会団体が、復活を目指して活動していました。今、ゴルフ競技の世界では、全米オープンなど4大メジャー大会を中心に、さまざまな国の選手が活躍しています。一方で、ゴルフはレジャーとしての人気も高く、中高年になってからでも始められることなどから、世界中にたくさんのゴルフ愛好家がいます。そんなプレーヤーの数の多さも、復活を後押ししたものと思われます。

リオデジャネイロオリンピックでの競技は個人戦で、18ホール×4日間の計72ホールを回ります。ストロークプレーといって、全ホールの総打数によって順位が決まる方式です。

気になる出場選手ですが、2016年7月11日時点で国際ゴルフ連盟が定めるオリンピックランキングにおいて、男女それぞれ上位60位までの選手が出場権を獲得します。そのオリンピックランキングは、昨年からすでに稼動中。2015年12月時点で、日本勢は男子では松山英樹選手と片山晋呉選手、女子では大山志保選手と宮里美香選手がランクインしています。

今回、競技が行われるのは、リオデジャネイロ郊外の海岸沿いに新しく建設されたコース。すがすがしいグリーンでの日本人選手のナイスショットを、楽しみにしたいところですね。




■ハッピーポイント9
「史上最年少のオリンピック選手、伊藤美誠さん

リオデジャネイロオリンピックを100倍楽しむための
ハッピーポイント「10」!

プレー中の伊藤美誠選手。女子団体戦の代表候補に選ばれて「自分にとって大きな経験になる。目標は銀メダル以上です」とコメント。写真提供:ニッタクニュース *競技によって出場選手の年齢制限規定には差があります
日本勢の活躍が期待されている競技の一つが、卓球。1988年ソウルオリンピックで卓球が正式競技になってから、日本はすべての大会にエントリーしています。2012年のロンドンオリンピックでは、女子団体戦で悲願のメダルを獲得(銀メダル)しました。

団体戦の選手は3名。今回、福原愛選手、石川佳純選手と並んで代表候補に選ばれたのが、小学生のころから全日本レベルで活躍、今春に高校生になる伊藤美誠みま)選手です。出場となれば、2004年アテネオリンピックでの福原愛選手と並び、日本代表として史上最年少(15歳)での参加になります。ちなみに団体戦の出場は、今年5月に国際卓球連盟が発表するランキングなどによって正式に決定しますが、これまでの成績では出場は確実視されています。

リオデジャネイロオリンピックが4度目のオリンピックとなる福原選手、2度目となる石川選手とともに、どんな活躍を見せてくれるのか、期待です!




■ハッピーポイント10
「日本をアピールする場『ジャパンハウス』が設置」

リオデジャネイロオリンピックを100倍楽しむための
ハッピーポイント「10」!

昨年8月のリオデジャネイロオリンピック1年前記念式典は、ジャパンハウスが設置される施設「シダージ・ダス・アルチス」の大劇場で行われました! 写真提供:共同通信社
全世界から注目が集まるオリンピック・パラリンピックは、日本をアピールする場でもあります。過去の大会でも、JOC公益財団法人 日本オリンピック委員会)はオリンピック選手やメディア関係者の交通の便がよい場所に、広報PRの拠点として「ジャパンハウス」を設置。日本代表選手団のメダリスト記者会見も、ジャパンハウスで行われるケースがほとんどです。

特に前回のロンドンオリンピックでは、東京2020大会の招致活動の拠点としての役割も担い、海外のメディアに、文化面や観光面など日本の魅力を伝えました。

さて、晴れて東京でのオリンピックの開催が決まって迎えるリオデジャネイロ大会、「ジャパンハウス」の設置は現在JOCと東京2020大会の大会組織委員会によって準備が進められています。設置が予定されているのは、リオデジャネイロ最大の複合文化施設と言われる「シダージ・ダス・アルチス」内。実は、昨年8月に開催されたリオデジャネイロオリンピック1年前式典も、この施設が誇る大劇場で行われています。

“芸術の街”という意味を持つこの施設は、競技が開催される4つのエリアのうち、メイン会場となるオリンピック公園近くのバーラ地区にあります。演劇や美術展、市民参加型のワークショップから学術的な国際会議までさまざまなイベントが開催され、市民に親しまれている場所です。ジャパンハウスを訪れることで東京2020大会へのワクワク感を高めてもらえるとうれしいですね。