8月21日に閉幕したリオ2016オリンピック。
現場では、各国の代表選手たちはもちろんのこと、
大会運営のスタッフやメディア陣など、さまざまな人たちが奮闘していました。
それらの人たちの「のどを潤す」ために東奔西走していたのは、
コカ・コーラ社のスタッフたち。
コカ・コーラ社は、リオデジャネイロでどのような仕事をしていたのでしょうか?
Coca-Cola Journey』は、その仕事ぶりを取材しました。

取材・文・写真=『Coca-Cola Journey』編集部

 

8月5日から21日にかけての17日間開催されたリオ2016オリンピック。開催地であるブラジルの季節は“冬”であるにもかかわらず、連日強い日射しが照りつけ、日中の気温は摂氏30度を超える日もあった。そのような天候下においては、熱戦が続くフィールド、1万5,000人の選手団を収容する選手村、全世界からジャーナリストが集うメディア・センターなど、各所でのどを潤す清涼飲料は欠かせない存在になる。1928年のアムステルダム大会以来、オリンピックに関わり続けているコカ・コーラ社は、大会の度に“止渇問題”に直面し、それを乗り越えてきた。

「いつでもどこでも、冷たくておいしい『コカ・コーラ』をお届けする」

その「当たり前」を今回のオリンピックでも実現するため、コカ・コーラ社はどのような取り組みを行っていたのだろうか。

 

■オリンピック専用の倉庫に初潜入

コカ・コーラ アンディナ ブラジル社は、オリンピックのメイン会場となったマラカナンスタジアムから7kmほど離れた場所に位置する。その敷地内には、オリンピックの各会場に納品する製品だけを扱う専用のスペース、その名も「アルマーゼン オリンピコ(ポルトガル語でオリンピック倉庫の意)」が用意されている。数万ケースにもおよぶコカ・コーラ社製品を前に、「メディア取材は今回が初めて」と担当者は笑う。

スタッフの現地レポート! 「いつでもどこでも」おいしさを届け続けた コカ・コーラ社のリオ2016オリンピック

スタッフの現地レポート! 「いつでもどこでも」おいしさを届け続けた コカ・コーラ社のリオ2016オリンピック

コカ・コーラ アンディナ ブラジル社内の倉庫

常時2、3日分の清涼飲料の在庫がストックされているというこの倉庫から、リオデジャネイロ市内に点在する各競技会場、そして、選手村やメディア・センターなどが入るオリンピック・パークへと、製品は出荷されてゆく。ちなみにここは、もともと存在していた倉庫の一角。セキュリティ対策のためにフェンスで隔離され、入退管理のためのIDカードはもちろん、監視カメラや、製品をケースごと検査できる金属探知機も新しく投入されていた。

スタッフの現地レポート! 「いつでもどこでも」おいしさを届け続けた コカ・コーラ社のリオ2016オリンピック

特別仕様の製品運搬用トラック

製品の運搬に使用するトラックもオリンピック特別仕様だ。たとえば、輸送時のリスクを最小限に抑えるため、荷台のほろが簡単には取り外せないよう、特殊な器具で固定されている。ブラジルのコカ・コーラ社は2年以上も前から、大会組織委員会などの関係者と綿密な打ち合わせを重ね、アスリートや観客に安全に製品を届ける方法を検討してきたと言う。

 

■タブレット端末を使った在庫管理システムが大活躍

厳重なセキュリティチェックを受けて各オリンピック会場に運ばれた製品は、いったんエリア内に設置された冷蔵コンテナに保管される。ただし、冷蔵コンテナが設置される場所は、会場によって異なるから大変だ。たとえばビーチバレーの会場となったコパカバーナ海岸では、コンテナの設置場所も砂浜の上。電源の確保や、コンテナから売店への配送ルートの確保にもひと苦労なのだ。

スタッフの現地レポート! 「いつでもどこでも」おいしさを届け続けた コカ・コーラ社のリオ2016オリンピック

ビーチバレー会場のコンテナ

コカ・コーラ社のスタッフはタブレット端末を携帯していた。このタブレット端末にインストールされている専用アプリで、各スタッフは1日に数回、自分の担当エリアの在庫状況の確認と、補充分の発注をする。発注データはセンターに集約され、どの場所に、何をどれだけ補充すればよいかを把握できる仕組みだ。この専用アプリは、もともと南アフリカで開催された2010 FIFAワールドカップのために開発されたもの。以降、2012年 ロンドンオリンピック、ブラジルで開催された2014 FIFAワールドカップでも活用され、そのたびに改良を重ねてきた。このようなノウハウは、世界各国のビッグイベントをサポートし続けてきたコカ・コーラ社ならではのものだろう。東京2020オリンピックでは、さらに進化したシステムがお目見えするかもしれない。

スタッフの現地レポート! 「いつでもどこでも」おいしさを届け続けた コカ・コーラ社のリオ2016オリンピック

タブレット端末で発注作業を行うスタッフ

 

次のページ>> 現地にいたからこそ学べた「大切なこと」

「1」 「2」 次のページ≫