3月26日の発売以来、大好評を博している強炭酸水「ザ・タンサン・ストロング」「ザ・タンサン・レモン」。発売前には、「今話題のあの人がCM出演決定!」とだけ予告するキャンペーンが展開され、SNSを中心に大きな話題を呼んでいました。
そして、発売日当日に、「あの人」の正体が俳優の竹内涼真さんだったことが判明! ということで、『Coca-Cola Journey』はさっそく直撃取材。4月26日に25歳になり、さらなる飛躍の一歩を踏み出そうとしている竹内さんに、お話を伺いました。

*関連記事:
コカ・コーラ社の製品開発「ザ・タンサン」篇] 満を持しての強炭酸水発売! コカ・コーラ社ならではの「おいしい」の答え、ここにあり。

文=小田部仁
写真=前康輔

 

■CMのことを早くみんなに伝えたくてたまらなかった

──竹内さんは、清涼飲料のCMに出演するのは初めてなんですね。オファーを受けたときには、かなり「手ごたえ」を感じたとか。

竹内 いやぁ、嬉しかったですね。SNSで自分の顔が隠された状態で告知されているのを見たんですけど、早く自分のアカウントで拡散したくてたまらなかったです(笑)。今日(3月26日)が正式発表の日だったので、朝起きてすぐにリツイートしました(笑)。普段からコカ・コーラ社製品のCMはよく目にしていますし、小さい頃から「コカ・コーラ」などの製品は飲んでいたので、その新製品のCMに自分が出演できるなんて、本当に嬉しくて、今日を心待ちにしていました。

──かなりインパクトがあるCMですよね。謎の男たちが巨大なボトルを運んでやってきて、強炭酸水を竹内さんに浴びせるという……竹内さんに勢いよく放出される水しぶき、結構、激し目ですよね(笑)。

竹内 実は、30回ぐらい撮り直していたらしいんですけど……そんなに、撮ってたんですね、改めて聞いてビックリしました(笑)! きれいに水しぶきが飛び散る瞬間を収めたくて、何回も挑戦したんです。水圧が結構強くて、やっぱり何度やっても、ちょっと怖いんですよ。瞬きをしないように頑張っていました。一度水を浴びると、また衣装や髪を乾かしてセットし直さなきゃいけないので大変でした。でも、スタッフの皆さんと力を合わせてつくりあげたので、いい出来になったと思います。濡れた甲斐がありましたね!

──日本だけじゃなくて、海外でも撮影したんですよね?

竹内 そうなんです。2018年一発目の仕事がこれでした。現地のスタッフさんと一緒に撮影したんですけど、何もかも初めての体験で楽しかったですね。僕は海外のコミックを原作にした映画が好きで、いつか出たいと思っているので、なんとなく「こんな感じなのかな……」って妄想したりして(笑)。言葉は全然わからなかったんですけど、演技をしていると不思議とこの人たちにも「伝わっている」という感覚があって……とても興味深かったです。

[独占インタビュー] 「ザ・タンサン」のCMで見せた 爽やかだけじゃない“新しい竹内涼真像”とは?

──実際、完成したCMをご覧になっていかがでしたか?

竹内 自分でやってるんですけど、「ザ・タンサン」がすごくおいしそうに見えていてよかったです。あと、ボトルを持ってくる人たちの勢いがすごいですよね(笑)。

──WEBでは、「涼真ストーリーズ」という動画も公開されています。竹内さんのプライベートを垣間見ているような錯覚を覚える動画で、これ……正直、ファンの方にはたまらないんじゃないかと。

竹内 喜んでいただけたら嬉しいですね(笑)。ご覧いただいた方にはぜひ、どんどん妄想していただきたいです。でも、正直、ちょっと恥ずかしかったですね(笑)。自分で実際に撮っているんですが、寝起きバージョンは、自分で撮りながら自分に「おはよう」と言ったりしているので。やたらカメラ目線なところと、寝癖風にセットしていただいた髪型に注目してください(笑)!

──竹内さんのSNSを普段から拝見してるので、結構リアルな感じがありました。

竹内 あ、そうなんですね! 嬉しいです。SNSは、ファンのみなさんとの交流の場と思ってやっています。自分の今の感情・気持ちをつぶやくというようなことは実は苦手なので、どちらかというとファンの皆さんに対して、「これなら喜んでもらえるかな~?」って考えながら投稿しています。

 

「ザ・タンサン」は自信を持ってオススメできる

──普段、炭酸水は飲みますか?

竹内 飲みます。「ザ・タンサン」は本当においしいですね。僕、炭酸の気泡が荒いものが苦手で、強炭酸水って、実は敬遠しがちだったんです。でもこれは、炭酸が強いのに泡がすごくきめ細かいから、ごくごく飲めます。

──刺激があるのに飲みやすいって、かなり画期的ですよね。

竹内 いや、本当においしいんですよ(笑)。喉ごしも滑らかだし、炭酸水の独特な酸味もないし。本当においしいって思えて、発信できるのって嬉しいことですよね。

──どんなシチュエーションで飲みたいですか?

竹内 お風呂上がりとか、運動の後にガンガン飲みたいですね。飲むとシャキッとするので、寝起きにもいいかもしれない。ダイエット中にもぴったりですよね。無糖・ノンカフェイン・ゼロカロリーって完璧じゃないですか?

──やっぱり普段から、食事や飲み物には気を使っていらっしゃるんですね。

竹内 気をつけてます。本当は好きなものを好きなだけ食べたいんですけどね。でも、役者の仕事はそれでは成り立たないので。自分のためというよりは、必要に迫られてやっているという感じです。やるしかないですからね(笑)。

──「ザ・タンサン」はリフレッシュしたいときにもぴったりの強炭酸水です。日々、すごくお忙しいと思うんですけど、竹内さんがリフレッシュする瞬間って、どんなときですか?

竹内 人に会っているときですね。友達を自分がセレクトしたごはん屋さんに連れていって、「おいしい」って喜んでもらえるときが嬉しいです。あとは、家族との時間かなぁ。甥っ子とかいとこと遊ぶのもすごく楽しいですね。最近は忙しくて、全然会えてないので、休みができたら遊びに行きたいと思ってます。

[独占インタビュー] 「ザ・タンサン」のCMで見せた 爽やかだけじゃない“新しい竹内涼真像”とは?

 

■25歳のキーワードは「余裕がある」「色気」「日々進歩」

──4月26日で25歳になるとのことですが、20歳代も折り返し地点に差し掛かる誕生日を間近に控え、どんな大人の男性になりたいと今、考えていますか?

竹内 余裕のある人になりたいです。損得で行動するというよりも、「なんでも大丈夫だよ」って懐広くいられる人になりたいな、と。たとえば、知らない場所に行くとなっても、「そこに俺が行ってなんになるの?」とか余計なことを考えずに、とりあえず行ってみるとか。色んな人に出会って、色んな情報に触れて、成長していけるような大人になりたいなって思ってます。

──今年の目標や課題はありますか?

竹内 「色気」を出していくことですかね。2018年は「竹内涼真・色気大作戦」ということで(笑)。余裕や自信を持って、みなさんにしっかり自分の仕事を届けていきたいです。ちゃんと「大人になったね」って言われるように頑張ります。「爽やか」だけが竹内涼真じゃないぞって思われたいですね(笑)。

──いやー、でも、竹内さんには「色気」、もう備わってると思うんですが。

竹内 色気はあくまで例えで、役者だからこそ、観る度に「面白いな」って思ってもらいたい。今、みなさんがイメージする僕の雰囲気に新しい要素が加わることで、「また観たい」と思っていただけるんじゃないかと。そういう部分を少しずつ出していけたらいいなって思いますね。普通にしてると気恥ずかしさもあって、「新しい自分」を出さないようにしてしまうことがあるので、徐々にさらけ出せるようにしたい。そうすれば、仕事の幅も広がるかもしれないし、そういうことがこの仕事をやっていく上で「大人になること」なのかなと思います。

──2017年は竹内さんにとって、本当に大きな飛躍の年になったと思います。大きくなっていく「竹内涼真」のイメージと、本当の自分というものの差異に悩んだりすることはありますか?

竹内 それは、ないですね。役者を始めた頃から、どんどん大きな存在になりたいって思っていたので。せっかく新しく始めることなんだから有名になりたいし、第一線に立っていたいなと。

[独占インタビュー] 「ザ・タンサン」のCMで見せた 爽やかだけじゃない“新しい竹内涼真像”とは?

──今後に向けて、野心や野望はありますか?

竹内 毎日の現場を、一つひとつしっかりやっていきたい。毎日ちょっとずつでも、昨日よりいい仕事をしたいなと思っています。1日が終わると「あぁ、こういう風にすればよかったな」って思うことばかりなので。役者って終わりがない仕事じゃないですか? 常に、今までになかった“何か”を見せたいなって思いがあるので、日々満足せずに頑張りたいです。

──一本気な竹内さんの覚悟と意思が伝わってきました。そんな竹内さんを常日頃から支えているものってなんですか?

竹内 ファンのみなさんの声だと思います。イベントやSNSで直接応援の言葉を頂戴する機会もあるんですけど、その度に頑張らなきゃって思います。作品が公開されたあとのファンのみなさんの反応を、いつもすごく楽しみにしてるんです。批判やお叱りの言葉があったとしても、それさえも受け止めて、次に活かしていけたらなって思っています。たとえばひどいことを言われても、観てくださったというだけでまず嬉しいんですよね。やりたいことだけやってるようじゃ、やっぱりそれはエゴだと思いますし。ちゃんと観てもらった上でいただけるリアクションや感想は、いつも一番楽しみにしています。

──最後に、『Coca-Cola Journey』読者の方々にメッセージをお願いします。

竹内 「ザ・タンサン」は本当にすごくおいしいので、ぜひ早く飲んでいただきたいです。店頭で製品を見かけた際は、お手にとっていただけると嬉しいです。CMや動画の感想もお待ちしています(笑)!

[独占インタビュー] 「ザ・タンサン」のCMで見せた 爽やかだけじゃない“新しい竹内涼真像”とは?

たけうち・りょうま / 1993年4月26日生まれ。東京都出身。2013 年、「mina カレ」オーディショングランプリを受賞。以後、『仮面ライダードライブ』や、ドラマ『下町ロケット』、映画『帝一の國』などの話題作に出演。特に、2017年はNHK連続テレビ小説『ひよっこ』や『過保護のカホコ』、『陸王』等で幅広い演技を見せ、大きな注目を集めた。2018年も、4月からドラマ『ブラックペアン』に出演、また8月1日公開の映画『センセイ君主』の主演に決定するなど、さらなる飛躍が期待されている。

 

>>「ザ・タンサン」のブランドサイトはこちら!

[独占インタビュー] 「ザ・タンサン」のCMで見せた 爽やかだけじゃない“新しい竹内涼真像”とは?

>>「ザ・タンサン」ブランドの企画担当
日本コカ・コーラ マーケティング本部の西尾真一郎さんインタビュー