文=『Coca-Cola Journey』編集部

日本コカ・コーラとセブン&アイ・ホールディングスによる共同企画商品「一(はじめ)緑茶 一日一本」が、「完全循環型PETボトル(*2)」を採用してリニューアル。この製品に使われている「完全循環型PETボトル」とは、セブン&アイグループの店頭で回収したPETボトルから再生したPET樹脂を100%用いたリサイクルPETボトルです。

*1 2019年6月5日時点。日本コカ·コーラおよびセブン&アイ・ホールディングス調べ。
*2 本製品のペットボトル原材料として、セブン&アイグループの店頭で回収された使用済ペットボトルをリサイクルしたPET樹脂のみを、100%使用していることを表します。

 

この「完全循環型PETボトル」導入が実現した背景には、全国のセブン&アイグループ各店と、コカ・コーラ社が長年培ってきた容器の設計・リサイクルの技術、製造を担当するボトリングパートナーの協力、リサイクラーなどパートナー各社との連携があります。下記の図が、その連携による新しいリサイクルの仕組みをまとめたものです。

世界初(*1)!再生PET樹脂100%使用の「完全循環型PETボトル」とは?

「今回、日本コカ・コーラ社との取り組みが実現したのは、互いに環境問題の解決に対する高い目標を持っており、共鳴しあったからです。今後も、社会全体で向き合うべき課題として、お客様、日本コカ・コーラ社などメーカー各社、自治体と協力しながら、リサイクル活動のますますの日常化を目指していきます。」(株式会社セブン&アイ・ホールディングス代表取締役社長 井阪隆一氏。2019年6月5日記者発表会にて)

「『設計』『回収』『パートナー』という3つの柱で廃棄物ゼロ社会の実現に向けて取り組んでいますが、その推進に向けても今回の取り組みは大変意義深いものです。このようなコラボレーションが、あらゆる業界や企業にも波及するきっかけになることを願っています。我々コカ・コーラシステムは引き続き真摯にプラスチック問題に向き合い、今後も循環型社会の実現に向けて、積極的に取り組んでまいります。」(日本コカ・コーラ株式会社代表取締役社長 ホルヘ・ガルドゥニョ。2019年6月5日記者発表会にて)

世界初(*1)!再生PET樹脂100%使用の「完全循環型PETボトル」とは?

日本コカ・コーラ株式会社代表取締役社長 ホルヘ・ガルドゥニョ(左)
株式会社セブン&アイ・ホールディングス代表取締役社長 井阪隆一氏(右)

日本コカ・コーラは、これまで約40年に渡って環境保全に貢献する取り組みを続けてきました。2018年初頭からはグローバルで掲げられている目標のもと、日本では「容器の2030年ビジョン」を設定。回収した使用済みPETボトルから新たなPETボトルを生み出す「ボトルtoボトル」の推進に、特に力を入れてきました。

また、セブン&アイ・ホールディングスでも、現在、『CO2排出量削減』『プラスチック対策』『食品ロス・食品リサイクル対策』『持続可能な調達』の4つのテーマを掲げ、豊かで持続可能な社会の実現に向けて取り組んでいます。

両社は今後も、地球環境に配慮した商品を開発し、リサイクルの仕組みを構築していくことで、循環型社会の実現に向けて協力していきます。

【撮影協力:遠東石塚グリーンペット株式会社】