2018年8月28日、日本コカ・コーラは東京2020組織委員会と「東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーシップ契約」の第一号として契約を締結しました。オリンピック大会を支援してきた90年もの歴史の中で、コカ・コーラ社が初めて公式にオリンピック聖火リレーに参加したのは1992年。東京2020オリンピックで、12回目のプレゼンティングパートナーとなります。
その発表イベントに、日本コカ・コーラおよびボトラー(*1)各社の社長と、東京オリンピックパラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長が登壇。オリンピック聖火リレーのプレゼンティングパートナーシップ契約締結の調印式が行われました。
イベント後半には、北島康介さん、競泳の今井月さん、スケートボードの西村詞音さん・碧莉さん姉妹らアスリートも登場し、オリンピック聖火リレーへの期待を語りました。

*1 ボトラー社……製品の製造・販売を担う会社。

文=『Coca-Cola Journey』編集部

 

■「オリンピックならではの忘れられないひとときをお届けします」

コカ・コーラ社は、アムステルダム1928大会以降、オリンピックのパートナーとして、オリンピック大会を支援しながら、ファンや選手にとってかけがえのない思い出が残るよう支援してきました。オリンピック聖火リレーは、その取り組みの一つです。

東京2020オリンピックにおいても、ワールドワイドパートナーを務めるとともに、オリンピック聖火リレーのプレゼンティングパートナー(*2)を務めることが決定。開催まで700日を切った2018年8月28日、都内でその発表会が開かれました。

壇上に現れた、日本コカ・コーラの代表取締役社長 ホルヘ・ガルドゥニョは次のように語りました。

コカ・コーラ社は、もっとも歴史あるパートナーとして、90年にわたりオリンピック大会を支援してまいりました。1964年同様、東京2020オリンピックも支援できることをとても光栄に思います。そして、そのパートナーシップをより強固なものにするため、オリンピック聖火リレーのプレゼンティングパートナーの第一号に決定したことをご報告します。

公益財団法人東京オリンピックパラリンピック競技大会組織委員会と密に連携しながら、東京2020オリンピック聖火リレーのコンセプト「Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。」の下で、日本全国の皆さんに聖火を届けられるよう尽力します。長年、世界各地でオリンピック聖火リレーに携わってきた経験を活かしながら、我々の大切なパートナーで全国に5社あるボトラー社と共に、東京2020オリンピック聖火リレーを一生に一度の忘れられない特別な体験にしてまいります」

[イベントレポート]日本コカ・コーラ、東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーの第一号に決定

日本コカ・コーラ ホルヘ・ガルドゥニョ代表取締役社長

 

コカ・コーラシステム(*3)が一丸となり、全国で東京2020大会のオリンピック聖火リレーを盛り上げていくことを誓い、ガルドゥニョはボトラー5社の社長を紹介。各社社長は、それぞれが地域に密着した企業として、自治体と連携しながら全国の皆さんに特別な体験を提供することを宣言しました。

「実は、1964年当時学生だった私は、東京オリンピックの聖火リレーサポートランナーを務めるという貴重な経験をしました。聖火ランナーと共に走り、沿道の方からたくさんの声援をいただいた時の感動と風景は、しっかりとこの目と心に焼き付いています。次の時代を担う人たちにも、この貴重な体験をしていただくべく、コカ・コーラ ボトラーズジャパンは総力を挙げて、オリンピック聖火リレーを盛り上げていきます」(コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社 吉松民雄代表取締役社長)

「我々、北陸コカ・コーラのエリアである長野県では、1998年に冬季オリンピックが開催されています。その時もオリンピック聖火リレーは、長野県を隅々まで走っております。オリンピック聖火リレーというものは、世界の人々の心をつなぐシンボルのようなものです。このような素晴らしいイベントに参画できることを、大変誇りに思っておりますし、成功に向けて全力を挙げて支援をしていきたいと思っております」(北陸コカ・コーラボトリング株式会社 稲垣晴彦代表取締役社長)

「1964年の東京オリンピックの時、私は中学1年生でした。復帰前の沖縄を起点に、国内でのオリンピック聖火リレーが始まりました。私が住んでいた地域にも待ちに待った聖火が到着し、みんなで楽しく迎えました。当時の少年の目には、オレンジ色にきらめく炎、そしてたちこめる白い煙が、大きなインパクトをもたらし、感動したことを覚えています。オリンピック聖火リレーは人々に歓喜と感動を与えるものだと思っていますし、そのような感動を沖縄県の皆さんにもお届けしたいと思います」(沖縄コカ・コーラボトリング株式会社 城英俊代表取締役社長)

「我々のエリアである北東北3県には、競技会場がありません。オリンピック聖火リレーは、オリンピックらしさを間近に感じられる貴重な機会となります。東日本大震災からの復興や人口減少など、大きな課題がこの地域にはありますが、この課題に向かっていく北東北の人々の強さを体現すべく、各県・市町村としっかりと連携し、地域のみなさまに特別な体験を提供したいと考えております」(みちのくコカ・コーラボトリング株式会社 谷村広和代表取締役社長)

「北海道では、1972年に札幌冬季オリンピックが開催されました。その当時も今回と同様、日本コカ・コーラと協働して、オリンピック聖火リレーや大会期間中、全道から当社社員を動員し、競技会場や選手村で飲料を提供し大会を応援しました。今回の東京2020オリンピックにおいても、札幌市でサッカーの予選が行われます。北海道の地からオリンピックを応援していきますし、それを地域活性にもつなげていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします」(北海道コカ・コーラボトリング株式会社 佐々木康行代表取締役社長)

*2 プレゼンティングパートナー……東京2020オリンピック聖火リレーのスポンサープログラムは3つの階層からなり、今回、日本コカ・コーラが契約締結したプレゼンティングパートナーはその最高位にあたる。プレゼンティングパートナーは、聖火ランナーの募集キャンペーンの実施や、聖火リレーのエンブレム等を使ったプロモーション活動の実施が可能となる。
*3 コカ・コーラシステム……原液の供給と、製品の企画開発・マーケティングを担う日本コカ・コーラと、ボトラー社や関連会社などで構成される。

[イベントレポート]日本コカ・コーラ、東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーの第一号に決定

写真左から、佐々木康行代表取締役社長、谷村広和代表取締役社長、吉松民雄代表取締役社長、森喜朗会長、ホルヘ・ガルドゥニョ代表取締役社長、稲垣晴彦代表取締役社長、城英俊代表取締役社長

 

コカ・コーラシステムからオリンピック聖火リレーにかける意気込みが語られたところで、公益財団法人東京オリンピックパラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長が登場。「今日は、日本コカ・コーラ東京2020オリンピック聖火リレーのプレゼンティングパートナー第一号としてみなさまにご紹介できることを、大変光栄に思います。オリンピック聖火リレーは、全世界に『こんなところが日本にあるんだよ』と伝える絶好のチャンスです。日本コカ・コーラにもお手伝いしていただきながら、日本の伝統と歴史と文化を世界中に広げていきたいと思います」と、期待を述べました。

そして、ついに記念すべき調印式です。オリンピック聖火リレーの調印書に、会長、ホルヘ社長による署名が完了し、調印書が掲げられると、会場からは自然と拍手が沸き起こります。これにて正式に、日本コカ・コーラが「東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーシップ契約」を締結した第一号となりました。

[イベントレポート]日本コカ・コーラ、東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーの第一号に決定

 

オリンピック聖火リレーを通じて47都道府県を盛り上げることを約束

ここから、イベントは後半戦に突入。日本コカ・コーラ東京2020オリンピックチームのゼネラルマネジャーを務める髙橋オリバーが登場し、コカ・コーラ社とオリンピックおよびオリンピック聖火リレーの歴史を改めて振り返りました。

コカ・コーラ社とオリンピックのパートナーシップの歴史は、アムステルダム1928大会に、オリンピック米国代表選手団と一緒に1,000ケースの「コカ・コーラ」が運ばれたときから始まりました。それ以来、コカ・コーラ社は、オリンピックが世界で注目度が高く、意義あるスポーツイベントへと発展する過程を共に歩み、支援してきました。

ミュンヘン1972大会では、初めて「公式清涼飲料」の協賛企業として認定。また、カルガリー1988冬季大会では、初めて「コカ・コーラ オリンピック ピントレーディングセンター」を開設し、それ以降大会ごとに趣向をこらしたピン交換が言葉や文化を超えた交流として楽しめるようになりました。その他にも、オリンピックを目指してトレーニングに励む多くの選手やオリンピック参加選手などに対する援助を行いながら、大会運営も支援しています。

コカ・コーラ社が初めて公式に参加したオリンピック聖火リレーはバルセロナ1992大会です。それまではオリンピック開催国だけでオリンピック聖火をリレーするのが一般的でしたが、バルセロナ1992大会からは、開催国だけでなく、世界各国から選出された人もオリンピック聖火ランナーに参加できる「オリンピック聖火ランナー国際プログラム」が始まりました。同大会のオリンピック聖火リレーには50ヵ国以上から150人の参加者が集まり、近代オリンピックの聖火リレーの歴史におけるターニングポイントとなりました。

それ以前の東京1964大会でも、コカ・コーラ社は日本全土にわたって聖火を歓迎し、聖火ランナー一行を先導・追行する車両の運行や「コカ・コーラ」のサンプリング、聖火歓迎用の小旗を沿道の人たちに配るなど、賛助と協力を惜しみませんでした。

[イベントレポート]日本コカ・コーラ、東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーの第一号に決定

髙橋オリバーと東京1964大会のオリンピック聖火トーチ

 

「本日で、オリンピック聖火リレーのスタートまで682日となります。我々が聖火リレーに協賛する理由は大きく二つあります。一つ目は、オリンピックの大会期間を超えた長い時間をかけてオリンピック大会を支援できるということ。二つ目は、開催都市だけでなく、日本全国47都道府県にその魅力を伝えることができるということです。オリンピック聖火リレーランナーの募集キャンペーンや製品のサンプリングにとどまらず、日本独自のプログラムをつくっていきたいと考えています」(髙橋オリバー

 

オリンピック出場と聖火リレー参加への意欲を語ったアスリート

続いてはお待ちかね、アスリートたちの登場です。「コカ・コーラ・チーフ・オリンピック担当・オフィサー」を務める北島康介さんは、まさに日本コカ・コーラの“顔”とも言える存在。そして、日本コカ・コーラと契約する、東京2020大会への出場が期待される、今井月さん(競泳)、西村詞音さん・碧莉さん姉妹(スケートボード)というフレッシュな面々が並びます。

北島さんは、北京2008大会と平昌2018大会の2度、オリンピック聖火リレーのランナーを務めたことのある経験者です。「たくさんの方々の沿道での声援は、本当に力になる」と当時の思い出を振り返りながら、今回のオリンピック聖火リレーも全国の皆さんと一緒に盛り上げていきたいと語りました。

オリンピック聖火リレーのランナーになるチャンスは誰にでもあるということで、今井さんは「気持ち良さそう」、西村碧莉さんは「姉妹一緒に出られたら面白そう」と、参加の意欲を見せます。

続いて、北島さんが「オリンピック聖火リレーを通じて、世界にどの地域をアピールしたい?」と尋ねると、今井さんは出身地である岐阜県を、西村姉妹は出身地でもあり、ずっとスケートボードの練習をしてきた東京都を挙げました。

[イベントレポート]日本コカ・コーラ、東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーの第一号に決定

北島康介さん

[イベントレポート]日本コカ・コーラ、東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーの第一号に決定

写真左から、今井月さん、西村詞音さん、西村碧莉さん

 

最後に、現役の3選手が東京2020大会へ向けた意気込みをそれぞれ語りました。

「たくさんの方々に喜んでもらえるような結果を出したいですし、笑顔で帰ってこられるようにしたいと思います」(今井月さん)

東京2020オリンピックで正式種目に決まりしたが、まだスケートボードはマイナーな競技というイメージも強いと思うので、たくさんの人に応援してもらえたら嬉しいなと思います」(西村詞音さん)

「(日本コカ・コーラの)CMを見てスケートボードを知ってくれた人もいると思うので、私に出られるチャンスが与えられたなら、自分の最高のパフォーマンスをして、スケートボードの面白さを見ている人に伝えたいです」(西村碧莉さん)

3人の力強いコメント受け、北島さんが「僕はオリンピックで多くのことを学ばせてもらったので、ここにいる3人にもオリンピックを肌で感じてもらいたいし、多くの人にも夢や希望を与えてほしい」とエールを送り、イベントは幕を閉じました。

イベントでも言及されていましたが、オリンピック聖火リレーは誰でも走るチャンスがあります。日本コカ・コーラもランナー募集キャンペーンを実施予定。続報をお待ちください!

[イベントレポート]日本コカ・コーラ、東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーの第一号に決定