■今どきウェディングの特徴その2:イベント性

「ナシ婚が増えていると言っても、日々カップルからの相談と接する中で、特に女性は、一度は結婚式を挙げてみたいと思っている方が多いと感じます。ただ、結婚式に求めるものが、『お二人の記念になる式典』というよりも、『参加するゲストも喜んでくれるような素敵なイベント』というように変わってきているのです」(吉村さん

「求婚の日」記念特別企画!今どきウェディングを象徴する3つのキーワード

ある新郎新婦のケースでは、「結婚式っぽくない結婚式がしたい」という要望に応え、ドレスコードがデニムのウェディングを企画。結婚式に付きものの、入場セレモニーも、乾杯の音頭もなし。新郎新婦はなんと、あらかじめ隠れていたメインテーブルの下からサプライズで登場したのです。

「求婚の日」記念特別企画!今どきウェディングを象徴する3つのキーワード

写真提供:プラコレWedding

ゲストも一緒になって童心に返ることのできるようなイベントにしたい、という意向を反映して、式ではイス取りゲームやじゃんけん大会など、遊び心が満載の催しを行ったそうです。新郎新婦だけでなく、参加した友人や親戚、さらにはその子どもたちも楽しめる、まさに「素敵なイベント」としての結婚式でした。

「求婚の日」記念特別企画!今どきウェディングを象徴する3つのキーワード

写真提供:プラコレWedding

 

■今どきウェディングの特徴その3:フォトジェニック性

「私たちがプラコレを始めた1年前には、すでにナシ婚が広まっていました。ネットでウェディングプランのマッチングサービスを広めようとしても、『結婚式は必ず挙げるもの』という意識がないカップルはウェディングプランを検索して調べようとしないため、たとえウェブサイトでお得感や式場のバリエーションの多さといった点を訴求しても、そもそもサービスを認知してもらうことが難しいと感じていました。そこで私たちが力を入れたのが、FacebookInstagramといったSNSでの拡散です」(武藤さん

「求婚の日」記念特別企画!今どきウェディングを象徴する3つのキーワード

「たとえば、Instagramにジルスチュアートのウェディングドレスをアップして、『こういう素敵なドレスを着てみませんか?』と呼びかけるんです。一生に一度はウェディングドレスを着てみたいという女性たちの夢に訴えかけることで、挙式に積極的でなかったカップルにも、『ちょっと相談してみようか』という気持ちになってもらえます」(吉村さん

実際、同社のFacebookページには、「かわいい!」「着たい!」というコメントが数多く寄せられています。

「今どきのカップルはSNSから情報を受け取るのが当たり前になっているので、フォトジェニックなプロモーションをしたほうが共感されます。ウェディングプランを選ぶ際にも、『ドレス』『オシャレ』といった要素を大切にされる方が多いですね。自分たちの式がSNSに映えるかどうかといったことを意識するカップルが増えてきていると思います」(武藤さん

「求婚の日」記念特別企画!今どきウェディングを象徴する3つのキーワード

写真提供:プラコレWedding

この写真の新郎新婦は、「ゲストを楽しませたい」という思いのもと、会場の天井に迫力ある映像演習を施し、夢のような空間が広がる結婚式を演出しました。

「求婚の日」記念特別企画!今どきウェディングを象徴する3つのキーワード

「求婚の日」記念特別企画!今どきウェディングを象徴する3つのキーワード

写真提供:プラコレWedding

しかも後日、そのフォトジェニックな式の模様を掲載したプラコレのレポートには、「こんな結婚式なら挙げてみたい!」という数多くの声が集まったそうです。

さまざまな理由からナシ婚が増えている現在ですが、結婚式に夢を抱く人が多いのは今も昔も変わらないようです。ここに挙げた例はほんの一部。「結婚式とはこういうもの」という固定観念に囚われない人が増えているため、カップルの数だけ、そのスタイルも多様になっているのです。

*世界にはこんなフォトジェニックな結婚式も! あわせてご覧ください。
みんながシェアしたくなる! ハピネスあふれる「コカ・コーラ」スタイルの結婚式 THROWING A COKE-THEMED WEDDING

 

≪前のページ 「1」 「2」