レシピその3

手羽先とじゃがいもと卵のコカ・コーラ

くせになるような美味しさの甘辛い煮物。炭酸の作用でお肉はやわらか。
コカ・コーラで乾杯!
自宅でつくれるクリスマス“ハッピー”ディナー

■教えてくれた人
青山有紀/『青家』店主
 コカ・コーラと醤油とお酒が調味料としてあれば、手軽につくることができる煮物です。コカ・コーラのカラメルの香ばしさとスパイス感は、意外に醤油に合うんです。炭酸の作用で、肉も簡単に柔らかく煮上がります。ポイントは、女性がスマートに食べられるように、手羽先の先端を切り離すことですね。
 私は、クリスマスのカジュアルなメニューの中に、和食が入るのもアリだと思います。パーティで煮物を出すと、みんなに「料理、頑張ってくれたんだ」って思わせてしまうマジックがあるみたいですよ。実はすごく簡単なんですけどね(笑)。当日は鍋でつくっておいて、パーティがはじまったら温めて食卓に出すのがコツ。ぜひやってみてくださいね。
■調理時間:40分
■材料(2人分)
・鶏手羽先 8本
・小さいじゃがいも 2個
・たまご 2個
・にんにく 1片
・オリーブ油または太白ごま油 小さじ1
・ごま 適宜
・ほうれん草 適宜
【煮汁】
コカ・コーラ 500ml
・酒 大さじ1
・醤油 大さじ2
1.鶏手羽先は先端を関節のところで切り離す。骨に沿って、肉の両面に切り目を入れる。
*先端部分は鳥手羽スープにするとよい。
2.じゃがいもは水で洗い、芽を取って半分に切る。にんにくは半分に切って芯を取ってまな板に置き、包丁の腹でつぶす。
*大きめのじゃがいもなら、皮を剥いて4等分する。
3.半熟卵をつくる。常温に戻した卵を、おたまにのせて熱湯に入れ6分間茹でる。すぐに冷水につけ、じゃがいも、にんにくも加え、完全に冷めたら皮をむく。
4.鍋に油を熱し、(1)の手羽先を皮目を下にして鍋に入れ中火で焼く。手羽先の両面に香ばしく焼き目がついたら【煮汁】を入れ、蓋をせずに強火にかける。沸騰したら中火にし、汁気が1/4以下になるまで煮詰める。
5.火をとめ、(3)の卵を入れ煮汁に絡める。器に盛り、お好みで茹でたほうれん草を飾り、肉に胡麻をふる。

コカ・コーラで乾杯!
自宅でつくれるクリスマス“ハッピー”ディナー

あおやま・ゆき/1974年京都府生まれ。短期大学卒業後、化粧品メーカーに就職。2005年京おばんざいと韓国家庭料理の店『青家』をオープン。2011年4月には京甘味処とお持たせのお店『青家のとなり』をオープン。料理本を数多く出版するほか、TVに登場するなどマルチな活動を行っている。国立北京中医薬大学日本校を卒業し、「国際中医薬膳師」という中国の国家資格も取得している。http://www.aoya-nakameguro.com

■「コカ・コーラ」ブランドサイト http://www.cocacola.jp