日本コカ・コーラ サスティナビリティー

日本のコカ·コーラシステムのサスティナビリティー

 

日本コカ·コーラ株式会社と全国5社のボトリング会社などから構成されるコカ·コーラシステムは、「世界中をうるおし、さわやかさを提供すること。前向きな変化をもたらすこと。」の事業目的にのっとり、日本が直面する重要な課題に対し、ビジネスを通じて変化をもたらしながら、未来を共創していくことに責任を持って取り組みます。2020年には「多様性の尊重」「地域社会」「資源」の3つのプラットフォームと9つの重点課題を特定し、システム共通のサスティナビリティーフレームワークを策定しました。各領域において事業活動を通じて社会課題の解決を目指すことで、持続可能な開発目標(SDGs)の達成にも貢献してまいります。

 

PICK UP

本ページのバックのデザインに使用されているのは、アーティスト・本間ますみ氏による、PETボトルソフィストケイティド アート (カタクチイワシ・グルクン・キンメモドキ)。本間氏は、PETボトルのポイ捨てをなくしたいという思いから、 使用後のPETボトルを"資源"と捉えて、接着剤や塗料を一切使用しないPETボトルソフィストケイティドアートを考案。創作活動を通じて、PETボトルの循環利用の重要性を伝えています。本作品も、すべて飲料のPETボトルから制作されています。
http://masumi-homma.com/

コカ・コーラ 公式アカウント

回再生