多様性の尊重|Inclusion

多様性の尊重|Inclusion

コカ・コーラ社は、ダイバーシティ&インクルージョンを経営戦略における優先事項のひとつと位置付けています。多様な社員がそれぞれの能力を十分に発揮できる職場環境の実現に向けて、ダイバーシティ&インクルージョンの取り組みを今後さらに推進していきます。
日本のコカ・コーラシステムでは、「ジェンダー」「年齢/世代」を優先事項、「障がい者支援」「LGBTQ」を重点事項として注力しています。
なかでも「ジェンダー」において、日本コカ・コーラでは、2030年までに女性管理職比率50%達成というグローバル目標に対し、2025年までに達成するよう推進しており、女性社員比率は42.2%(2020年12月)、女性管理職比率は32.7%(2021年3月)まで達成しています。

ジェンダー

・女性リーダーシッププログラム
・Coke in Circle
・アンコンシャス・バイアス研修
・「2030年30%へのチャレンジ~#Here We Go 203030」へ賛同
・5by20
・シングルマザー支援のためグラミン日本に寄付

詳しくはこちら


年齢/ 世代

・ミレニアル・ボイス・ジャパン
・次世代リーダー育成プログラム「コカ・コーラ ユニバーシティ ジャパン(CCUJ)」

詳しくはこちら

 


障がい者支援

・パラリンピック協賛
・全肢連協賛
・スペシャルオリンピックス協賛
・国際イニシアチブ「The Valuable 500」に加盟

詳しくはこちら


LGBTQ

・社内外における同性婚・同性パートナーシップを支援
・「プライドハウス東京」協賛

詳しくはこちら

PICK UP

コカ・コーラ 公式アカウント

回再生