持続可能な開発目標(SDGs)は、2015年9月に「国連持続可能な開発サミット」で採択されました。SDGsは、2030年に向けた持続可能な開発に関する17の目標と169のターゲットを定めており、政府のみならず企業や一般市民にも課題解決のための行動を要請しています。 ザ コカ・コーラ カンパニーは、SDGsを達成することで世界とビジネス、貧困に苦しむ人びとにもたらされる価値を認識しており、目標達成に向けて、地域社会を強化する重要なプログラムとパートナーシップを支援しています。日本コカ・コーラは、日本に根ざす企業として事業活動と関わる目標を具体的に認識し、達成に向け貢献していきます。

 

サスティナビリティーの取り組みは、3つの領域(個人<お客様>、地域社会、環境)で行われ、各領域の中に合計9つの重点分野(『飲料価値』『活動的/健康的な生活習慣』『地域社会』『職場』『女性』『水資源保護』『容器の新たなビジョン』『エネルギー削減・温暖化防止』『持続可能な農業』)が設定されています。その3つの領域と9つの重点分野での取り組みと持続可能な開発目標(SDGs)の関わりを検証し、目標達成のための地域社会を強化する重要なプロジェクトとパートナーシップを支援しています。SDGsの達成も目指すことで、地域の社会課題の解決に貢献しようというものです。

*持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは?
2015年9月に国連で開かれた「国連持続可能な開発サミット」の中で世界のリーダーによって決められた世界共通の目標。同国連で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2016年から2030年までの国際目標です。具体的には、17の大きな目標とそれらを達成するための169のターゲットで構成されています。17の目標は、次の通り。 1.貧困をなくそう 2.飢餓をゼロに 3.すべての人に健康と福祉を 4.質の高い教育をみんなに 5.ジェンダー平等を実現しよう 6.安全な水とトイレを世界中に 7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに 8.働きがいも 経済成長も 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 10.人や国の不平等をなくそう 11.住み続けられるまちづくりを 12.つくる責任つかう責任 13.気候変動に具体的な対策を 14.海の豊かさを守ろう 15.陸の豊かさも 守ろう 16.平和と公正をすべての人に 17.パートナーシップで目標を達成しよう 特徴としては、「普遍性」(先進国を含め、すべての国が行動する)、「包摂性」(人間の安全保障の理念を反映し、誰一人取り残さない)、「参画性」(すべてのステークホルダー=政府、企業、NGOなどが役割を果たす)、「統合性」(社会、経済、環境は不可分であり、統合的に取り組む)、「透明性」(モニタリング指標を定め、定期的にフォローアップ)が挙げられている。

《もっと詳しく知る》
→飲料価値
→活動的/健康的な生活習慣

《もっと詳しく知る》
→社会・地域貢献
→職場
→女性


 

《もっと詳しく知る》
→水資源保護

→容器の新たなビジョン
→エネルギー削減 / 温暖化防止
→持続可能な農業


≪前のページ  「1」  「2」  「3」  次のページ≫

▼本ページを含むレポートのPDFはこちらからダウンロードできます
 [サスティナビリティーレポート2018 ダイジェスト版] PDF(2,752KB)

▼サスティナビリティーレポート2018年度版資料ダウンロードはこちら
https://www.cocacola.co.jp/sustainability/report/