持続可能な社会を実現しよう!!
サスティナビリティーフレームワークのすべて

サスティナビリティーの取り組みに関しての基本的な考え方、サスティナビリティーの取り組みに向き合っていく際の原理原則、そして、具体的な活動内容をまとめてご紹介します。

 

 

世界200以上の国でビジネスを展開しているザ コカ・コーラ カンパニー(本社:米国ジョージア州 アトランタ)。どの国にも共通するのは「地域に根ざした」事業です。そこには、健全な地域社会が健全なビジネスの基本であるという考え方があります。サスティナビリティーの取り組みについては、事業を営む国のさまざまなステークホルダーと協力し、前向きな変化と社会的価値を生み出すことをビジョンとして掲げています。特に清涼飲料メーカーの事業と関係の深い、1.個人(お客様)、2.地域社会、3.環境の3つの領域でボトラー社とともに取り組みを進めています。世界共通で取り組む9つの重点分野において、グローバルな目標だけでなく、ローカルの課題にも合わせた活動を展開しています。

 

次のページ>>重点活動とSDGsとの関わり/アクションプラン


「1」  「2」  「3」 次のページ≫

 

▼本ページを含むレポートのPDFはこちらからダウンロードできます
> [サスティナビリティーレポート2018 ダイジェスト版] PDF(2,752KB)

▼サスティナビリティーレポート2018年度版資料ダウンロードはこちら
https://www.cocacola.co.jp/sustainability/report/