ヤンバルクイナ生態調査 自動販売機

沖縄コカ・コーラボトリング株式会社は日本コカ・コーラ株式会社と、「NPO法人どうぶつたちの病院」(注1)との協働プロジェクト「絶滅危惧種 ヤンバルクイナ生態調査」プロジェクトを行っています。
ヤンバルクイナは、世界中で沖縄本島北部のやんばる(山原)地域にのみ生息する飛べない鳥で国の天然記念物に指定されています。日本の鳥類の中でもっとも絶滅の危機が迫っている種の一つで、その生息状況を正確かつ継続的に把握することが強く求められています。
本プロジェクトでは、沖縄社が提供する清涼飲料の自動販売機に、「NPO法人どうぶつたちの病院」が「国立沖縄工業高等専門学校」に協力してもらい、IC レコーダ録音機(注2)を設置。年間を通じて録音したヤンバルクイナの鳴き声を、鳴き声の有無・時期・鳴き方を調査および解析します。解析結果は、環境省のヤンバルクイナ保護増殖事業などに役立てられます。この調査は昨今重要性を増し 生物多様性保全への取り組みとして地域社会に貢献するものでもあります。
また、生態調査だけではなく、ヤンバルクイナの保護支援を目的として、自動販売機の売上げの一部を 「NPO法人 どうぶつたちの病院」に寄付する活動を、2007年より継続しています。今後も地元の自治体・企業・教育機関・NPOと協力し、水源地域の保全活動を継続してまいります。

注1:NPO法人「どうぶつたちの病院」:環境省関連施設のヤンバルクイナ保護増殖センターの運営管理を受託するNPO法人
注2:録音データには電算処理を施し、ヤンバルクイナの鳴き声のみを記録しています。



ヤンバルクイナ生態調査 自動販売機


ヤンバルクイナ生態調査 自動販売機